新着Pick
32Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アメリカの主要都市の特徴をアメリカの友人達と話したことがありますが、LAは、結局、「日本、和、東洋」のゲートウェイなんだよね…というところに落ち着きました。

LAの富裕層は、主に、ビバリーヒルズからハリウッドの山の上辺りからサンタバーバラ→北側と、トーランスの南のニューポートビーチ辺り→南側に住んでいますが、彼らは日本のものを自分達の解釈でローカライズします。

昆布茶が流行っていたと思ったら、今度はtea ceremony ですか…日本式パーマ、日本式ストレートパーマも流行っていますけど。
次にLAに行く時は、抹茶セットでも持って行って、親しいアメリカ人に、これが本当のtea ceremony だよ❗️とレクチャーしてみようと思います。反応が楽しみです。
物質的に豊かになることが人生を豊かにする訳ではないということを皆んな感じ始め行動し始めている。そんな中、ビジネスではモノづくりで生産性を上げることだけが価値があると思っている人がまだすごく多い。生産性とは関係のないエンタメや精神的なモノこそ今後より価値を増していく!

LAではティーセレモニーが流行っている。Vogueは健康とウェルネスが高級なステータス・シンボルになっていて、ミレニアル世代がその進化の原動力だと報じた。富裕層は自身のステータスを示す新しい方法として、形あるモノに使うお金を減らし、行動やライフスタイルの選択に使うお金を増やしている。
マインドフルネスの文脈でのティーセレモニーがもてはやされているのですね。日本と茶道も受け入れられるのかな?