新着Pick
93Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
取締役やCEO部分は推測だが…社長・会長のスワップ以上に、綱川氏の代表権がなくなることが注目点。おそらく会長というポジションから考えてもCOOでもなくなるだろう。
なので、車谷氏に権限が集中、いまは会長CEOと社長COOの2トップ制が、ワントップになる。そしてそうなったときの会長の意義はなにかという話に次はつながると思う。社長CEOに権限集中するなら、会長は社長CEOの首を切れるような社外取締役で独立性が高い人であるべきだと、個人的には思う。

車谷氏:取締役代表執行役会長CEO→取締役代表執行役会長CEO?
綱川氏:取締役代表執行役社長COO→取締役会長?
社長を退任すると会長になるという法的根拠はない。
あくまでも、その会社が採用した一種の慣行でしかない。

会社制度が導入された明治初期には、こうした慣行はなかった。会長か社長の選択のようだった。社長に上位するのは会長ではなく相談役だった。明治中期から後期に、業務組織上の上下関係を会社法上の統治組織に重複させていったかららしい。

つまり、こういう会長を温存する役員人事に何の疑問も抱かずに継続する会社は、ガバナンスについての思考が停滞している。

因みに、定款上、取締役会の「会長」(招集や議事録署名などをする)は社長でも可能と明記している会社があり、社長が取締役会の「会長」で、社長ができないときに会長が「会長」となるとする会社もある。

大事なのは、役職をどう呼ぶかではなく、その権限と責任を定めることだ。つまり、役員と役員間の権限分配の明確化なのだ。

会長の権限と責任は何か、社長との違いは何か?
昨年、機会があり東芝のinnovation フェアに行きました。
変わろう、変わりたい❗️という若手と中堅の方達の意気込みをひしひしと感じました。

AIを使った画像認識処理も、イギリスの鉄道に提供しているノウハウも、普段は表からは見えないけれども、縁の下の力持ちとして、活躍していることを改めて知りました。

というわけで、東芝の冷蔵庫が一番良いと言われて買ったからではなく、純粋に世界に通用する日本企業の一つとして頑張って欲しいと思います。
綱川さんお疲れ様でした
早く、技術者が代表権をもって成長を描かないと。
日本経済新聞が先行したニュースのようですね。「東芝の社長に外部の出身者が就くのは48年ぶり」とのこと。

東芝、車谷会長が社長に 権限を集中(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54556760Y0A110C2MM0000/
東芝再建と言えば土光さん。令和の土光敏夫
株式会社東芝(とうしば、英語: TOSHIBA CORPORATION)は、日本の大手電機メーカーであり、東芝グループの中核企業である。 ウィキペディア
時価総額
1.59 兆円

業績