新着Pick
56Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Binance US設立の際と同様に、日本居住者向けサービスに制限が入った事から、日本でサービス展開をするのではないか?と噂されていましたが、この件の前触れだったんですね。

Binanceは過去に日本に進出しようとして断念した背景がありますから、二度目のチャレンジとなりますが、TaoTaoと組むのであれば当局対応含め前回と同じ轍は踏まずに進められそうですね。

TaoTaoからすると、Binanceの優れた商品性、開発力、世界中のプロジェクトとの厚いリレーションの恩恵を受けることができるのはメリットになると思います。

ただし、だからといってBinanceの様々なトークンや商品(レンディング、先物、レバレッジetc)をそのまま持ってこれるわけではなく、日本のレギュレーションに沿った形でしか商品提供ができなくなりますから、そうした上でどれだけ他の取引所と差別化できるのかは気になる所です。

LVCとの関係も気になる所ではありますが、何れにせよ、仮想通貨交換業界隈では、久々の大型のポジティブニュースですので業界が盛り上がる一因になってくれると良いですね。
バイナンスが日本から追い出されたときは、そもそも法令遵守をしないつもりはなかったのに誤解が誤解をうんで、悲しい結末になったな、ととても残念に思っていたし、日本への寄付などとてもありがたい行動を沢山してくれたけど、いまの日本の環境と日本の仮想通貨ユーザーが、バイナンスが日本の規制に寄ってきたときに彼らに求めることって一体なんだろう?今後も楽しみに注視します。
TaoTao、バイナンスが戦略提携で協議。コインベースも日本参入準備中。業界の再編は一気に進みそう。日本の取引所も規制の時代から攻めの時代へ。LINE PayやPayPayから仮想通貨がシームレスに購入できるとdappsは急拡大する。投機の時代から実利用フェーズへ
今後、シェアが低い交換業同士が手を組み再編されることは今後加速するとは思われます。
いくら技術力があろうとも、金融機関である以上、信頼が大切ですので、TaoTaoとバイナンスでその信頼を勝ち取れるかどうかが第一の論点です。

しかし、現在の市場シェアは膠着状態にあり、1位と2位にシェアの差はかなり大きいです。
このような寡占化市場であり、口座を持って取引するような業種では、シェアが低い交換業者同士が手を組んでも大勢には影響しないと思われます。