新着Pick
139Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スマフォで過去に失敗した教訓なのかもしれません。ただ、逆にAlexaだって他社が類似品出したら大きな差別化要因なくなっているわけで、そうなったらやめるのかと。

当時よりはハードウェア開発力が全然あるし、ウェアラブルだからこそ得られるデータがないわけで、やらない積極的な理由もない。

Fitbit買い損ねて別のウェアラブルデバイスメーカーを狙ってたりするんでしょうか。
ヒアラブルが次なる市場になりそうですね。
私は髪の毛を乾かす時間と身支度をする時間がとても非生産的に思っていたのですが、その毎日の時間帯をエアポッドをつけてポッドキャストやオーディブルを聴きながら行動するようにしたことで、とても気持ちよく過ごせるようになりました。
AirPods Proの外部音取り込みモードを使えば、1日中つけていても問題ないですし、今後はアンビエントコンピューティングがより競争を増しそうですね。
単純に購買層がいないので、作らないだけでしょう。

「ちょっと安く作れば売れる」と思う製品は、どんどん出しています。

スマートウォッチは、もともと難しい領域で、例えばApple Watchに似た少し安いものを作っても、全く売れそうにないことは私でもわかりますから。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
本当は作りたかったけど、スマートスピーカーの様な、単体使用での実用性を高めるだけの時間が無かったか、技術的に困難だったのかも。結果とし出遅れた可能性も捨てきれない。

音声情報を集約するプラットフォーマーとして見るなら、Amazonはスマートウォッチの上流を抑えている。他社が得る情報を直接、間接の違いはあるけど、利用出来るという点では、GoogleやAppleと同列にある強い立場にあると思います。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
119 兆円

業績