新着Pick
85Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
赤字の大半を中東で出し、ほぼ同額の黒字を北米で稼いで貿易収支を均衡させているのが我が国の現状です。原油輸入の9割がたを中東に依存する我が国ですが、エネルギーの調達リスクを減らすため購入先を分散できないの?と尋ねると、往々にして“精製装置が硫黄や硫化水素の含有量が多い中東産原油向きだから変えられない”という答えが返って来ます。
「ブラジルやノルウェー、西アフリカなどからグレードが同程度の原油輸入を減らす」とあるので中国は硫黄や硫化水素の含有量の少ない原油の間で調達先を変えるだけかも知れないけれど、中国が簡単にやれるなら、我が国も出来ないものか・・・ 別の意味で我が国も調達先について真剣に考える必要があるように感じないでもありません。原油にカネをかけるか精製装置にカネをかけるかの違いかも知れないけれど、米国から対米貿易黒字削減の圧力も掛かる中、本当のところどの程度変更が難しいものか、誰か教えてくださらないかなぁ。 ^^;
インドネシアがOPECを脱退するほど、国内需要向けの供給を進めているわけで、産油国が輸出余力を低下させていくと日本は原油の供給がままならなくなりますね。

同じ事は続かないという前提で最善策を考えていく必要がありますが、日本という国は「生活を豊かにするためにルールを変える」という発想が希薄で、「ルールを守って生活すること」が重要視されます。この発想は換えていかねばなりません。
ロシアも厳しくなりそうです。