新着Pick
419Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2年と長期ではなく、短期的にバスを無料にしてる街はありますね。目的は、貧困対策ではなく飲酒運転を未然に防ぐためなど。例えば、オレゴン州ポートランド。年末は飲酒運転を避けるため一時的にバスが無料になります。

瑣末なことですが、記事で疑問に思ったこと。
毎日バスを使うのであれば、定期券としても利用可能な電子カードを持っているはず。米国では都市ごとに公共交通で使えるPASMOのような電子カードを発行してるところが多いです。サンフランシスコならClipper、シカゴならVentra、シアトルならORCAなど。
交通の利便性は、都市の競争力に直結する。だから、都市としては無料化して一種の投資と捉えることで、非交通市場で雇用・税収・消費・投資を増やすことなどプラス効果につなげるという考え方。交通はこういう特性を持つので、国に関係なく地方自治体が運営していることも少なくないし、MaaS文脈でも論点としてどんどん出てくると思う。
Wider Economic Impactsと呼ばれ、興味がある方は下記の国交省資料も併せて。
https://www.mlit.go.jp/pri/kouenkai/syousai/pdf/research_p180530/03.pdf
この記事を読んで、今住んでいる京都市はどうか調べてみました。70歳以上になると無料で京都市バスと地下鉄を利用できます。70歳以上の人たちには、敬老乗車証が交付されます。ただし、年収による負担金が0円から15,000円かかりますが。

それと身体障害のある方には福祉乗車証が発行されます。これは障害の度合いによって料金が決められていますが、無料の人もいます。

京都市ではこれらを福祉乗車証交付事業と呼んでいます。日本各地にこのような制度があるでしょうね。
このニュースで思い出すのは、大阪市の地下鉄バス無料の敬老パス。
2013年に橋下さんの改革で年会費3000円と一回50円にしたんだけと、無料のときに自分の祖父母も含めてですけど、そりゃよく使ってましたし、便利そうでした。。。
でも、高齢化社会での財政負担考えたら、橋下さんの改革は正しかったと思う。

いまは年会費とらなくなったはずだけど、高齢化社会における利便性の追求というのは、たしかに大きな課題だけど、今の財政みながら慎重に答えを出してほしい。

くれぐれも年金のような若い人によろしくという構図にはしてほしくないです。
もともと無料でなくても、

料金箱が故障してたら(アメリカではよくある)運転手の裁量で無料になります。

アメリカのバスではたいていお釣りがでないのですが、小銭がなくて困っていると運転手が面倒臭くなって無料にしてくれます。

これだから儲からない、、、そもそも公共交通機関が民間のビジネスとして成り立っている日本はだいぶ稀有なんじゃなかろうか?
バスの無料化は環境に良いので良いと思います。
私が留学していたオレゴン州ポートランドでは、市内中心部の公共交通は無料で多くの方がバスを利用していました。
また、車椅子や自転車も無理なく載せられるようになっており、自動車を使わない環境作りをしています。

ところで、ラモスさんが毎日バス代を現金で払っていたのは、本当でしょうか。

アメリカでは毎日バスに乗る人はパスを買っていると思います。
私も留学していたときはそうでした。

パスを買えば交通費は半額近くになりますし、また、ゾーン制なので、いろいろなところに行けるはずですから。

『数カ月前、いつものようにハンドバッグの中身を引っかき回し、取り出した小銭を料金箱に入れようとした彼女は、運転手にその手を制止されて大いに驚いた。

「料金はいりませんよ」と運転手は言った。「これから2年間は無料なんです」

ラモスにとっては寝耳に水だった。誰かが彼女の代わりにバス代を払ってくれるというのだろうか? 現在彼女は、月235ドルの失業手当で生活している。毎日バスに乗ってコミュニティカレッジに通っているが、往復2・4ドルの運賃は馬鹿にならない。』
ご参考。

県内バス全無料化「1世帯月1000円負担で可能」 熊本で1日やってわかったこと
https://trafficnews.jp/post/91419


あとアメリカのバスであったらいいなと思うのは現在地の情報提示(次の停留所情報)。日本では当たり前ですが、これがない地域が多く(逆にあるバスにあたったことがない)、いつどこで降りればよいのか大変不安です。
トランプやBrexitの動きに見え隠れする「自由」を是とする資本主義の限界やある種の幻滅。かといって共産主義を礼賛するのも違う気がするし、シェアリングエコノミーやサーキュラーエコノミーの動きも断片的。

北欧などでのベーシックインカムなどもそうですが、「公共経済のサブスク化やフリーミアム化」とでもいえる動きへの実験はどんどん増えていくのでは、という気がしますね
(抜粋)これらの実験は成功を収めたとも言える。公共交通の利用者は、最初の数カ月のうちに20%から60%も増加したのだ。

→これは誰にとって成功なのでしょうか?「格差是正」「CO2削減」と繋がるのは分かるのですが、例えば、バスが無料になることで行きたい学校・職場に行けるようになった人が◯人増えたとか、CO2削減率が高まると利率が高まるグリーンボンドをバスインフラを整備するために発行するとか、生活者の直接的なメリットが語られないと、導入コストが思ったより低かったとはいえ継続性がない気もします。
ワシントンDC郊外に住んでいた時、高温の夏の時にはシェルター代わりにバスを無料開放していました(いまもそうでしょうか)。DCは昨年一部を無料化したため、無料と有料のバスのいずれもあって訪れる時にはいつも不思議な感じがします。