新着Pick
372Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「ダイバーシティ」ぱ、今「ダイバーシティ&インクルージョン」に置き換えられている。
言葉遊びではなく、違いを認めて楽しむところまで行きたいという決意の表れであって欲しい。
「ダイバーシティ&インクルージョン」がもたらす効果を理解できなければ、単なる掛け声、表面的な行動で終わってしまう。
多様性がまず大事であるという「ダイバーシティ」が広がってきたことは素晴らしい。しかし記事中の「インクルーシブ」という考えも広がらないと、多様性を認め合う社会は絵に描いた餅。その通りですね。
私たち福祉領域では『ソーシャルインクルージョン(社会的包摂)』という考え方を大事にしてます。ノーマライゼーションという考え方からきていますが、まさに本当の意味での互いを認め合い支え合う社会です。

私、介護の資格を取る学校の教員をしてますが、リーマンショック以降本当に多様な人たちがいらっしゃいます。
失業されている方、生活保護受給の方、障害がある方、自殺未遂された方、前科者の方、有名外資系コンサルの方、官僚、上場企業会社員やそのOBOG、本物のセレブ、シングルマザー、高校生、後期高齢者、アジア各国人。。。

そして、介護現場で働く人も上記の属性の人たちみんないます。
そして、介護を利用する方々も上記の属性の人たちみんないます。

学生の時は年末年始にホームレスの方々1000人以上を某所で集団保護するような都の事業でアルバイトしました。東京タワーや都庁作ったという日雇いできたおじさんたちと一緒に過ごしました。その人が年始に仮設トイレ内で亡くなっていました。みんな寅さんや紅白見て笑ってました。
いろんな人に触れ合うことは大人になってからでも遅くありません。みんなちがってみんないい、本当にそんな社会が素敵だと思います。。
ダイバーシティもSDGsも総論賛成各論反対になりやすい。
多様性の受容は誰もが賛成するが、来週からあなたの隣の席に身体に障がいのあるスタッフがきますとなると怯む。
ジェンダーの平等を、といいながら自分の部下にはフルタイムの男性を指名する。
総論賛成各論反対を突破する武器はやはり法制化しかないのか。切ないが残業も有休も罰則規定ありの法施行によりサクサク進んだ。
権威に弱い社会と言わざるを得ないが型からはいるの一つの手段。
マイノリティなものを社会から排除し、同質的なものだけで構成した方が社会経済は安定しそうに思われがちですが、社会から多様性を排除するよりも、多様性を包含していく方が、結果的には社会経済の安定化を図ることにつながり、社会的に発展していくという研究結果が出ていました。

>多様化で社会が分断されるなかで、必要なことはダイバーシティ(多様性)をインクルーシブ(包括的)なものにしていくこと
これからの社会に必要なのはインクルージョン。非常に共感します。うちの会社ではDiversity, Inclusion に Belonging を加え「DIBs」という考え方が人事の核になっています。心理的安全性が担保され、居心地がよい職場だからこそ、大胆にチャレンジして大きな成果を出せるという考え方です。いろいろと仕事で大変なことは多いですが、これ故に総じて楽しいと感じます。
人がそこにいて、人を尊重する。ただそれだけだと思います。
人を尊重するのであれば、迷惑になることをしないのは当然です。

しかし、ダイバーシティと言わなければいけないのは、社会として寂しい限りです。
私たちは、ダイバーシティと言わずとも人と人とが尊重し合う社会を築かなければならないと思います。
元々階級社会だった上に英国人が移民に仕事を取られてことで社会がさらに分断してブレギジットに繋がったのが英国です。
世界各地でグロバリゼーションの恩恵を受け入れられなかった人々による不満が燻っていて、インクルシブな社会を作っていく事は平和に繋がります。
ダイバーシティの次にくるのは、インクルーシブだと思う。けど、インクルーシブと称した活動を10年近く実践してきた立場からすると、なんだかその言葉すら近頃しっくり来ない気がしており、インクルーシブという次のワードを昨年あたりがらずっと探している。
人類が今まで発展してきたのはダイバーシティ、すなわち多様性のおかげだと思います。
いろいろな個性や違いを認めてきたことが強さなのです。
今はハンディキャップであっても将来はそれが利点になるかもしれません。
弱いものを助けて、一つの社会を築いているのが人類の特徴です。
これからもダイバーシティを大切にしていかなくてはいけません。
ダイバーシティに必要なのは寛容性。以前NPアカデミアでもAIの松尾先生がイノベーションに必要なこととして寛容性を上げていたのを思い出しました。

この問題が難しいのは「どうあるべき」かはわかっているのに、そうなるために「なにをすべき」かがわかりにくいところ。

記事のこども食堂のように経験を通じないて変えていくアプローチは非常に重要だと思います。

自分自身を見てもブラジルに来て自分が圧倒的なマイノリティになったことでものの見方が変わりました。そして、ブラジルが移民の国であり、格差も激しく、LGBTフレンドリーなことも大きく影響していると思います。

こんな日本から遠い国に1日でも来ることで、1ミリでも寛容性が高まればと思い、人生のKPIは「自分きっかけでブラジルに連れてきた日本人の数」にしました。