新着Pick
555Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
数年前にクリス・アンダーソンの『MAKERS』が刊行され、ものづくりの民主化が声高に宣言されたが、そうした流れの中の変化なのかもしれない。
大手企業の自分たちのビジネスとは異なる領域におけるイノベーションに積極的な投資を行っていく流れは加速するだろう。
そこで出てきた様々なチャンスを取り込んだ全社戦略の機動的な修正と、任せきりにせず、しかし、手綱を引き締め過ぎもしないイノベーション推進戦略が必要になる。
先日CESでトヨタがまちづくりの領域に踏み込むことが発表されたが、ドメインの拡大と投資の連鎖的な進化へと舵を切っていけるか、興味を持って見ていきたい。
(再掲→)トヨタが「空飛ぶクルマ」のJobyに大型追加出資。Jobyはこの分野で最も進んでいると言われますが、あまり情報を公開していません。この最新版機体写真も、たぶん初めて公開されたのでは?

<追記>この分野のベンチャーがアメリカでどんどん出る背景には、ボーイングなど「航空産業」出身エンジニアの層がとても厚いということがあります。友人のダンナさんが元航空機メーカーの人で、キッチンで本格的なeVTOLのプロトタイプ模型を作ってましたが、そういう人がそのへんにゴロゴロいます。彼の話を聞いていると、玩具でなく人を乗せるためのものは、やはりちゃんとした「飛行機をつくる」ためのノウハウがどうしても必要だと思えました。

自動車産業側は、この分野のノウハウを持っていないので、それを獲得するために投資していると思います。

日本は、戦後航空産業を封じられたので、到底追いつけません。残念ながら。

ちなみに、CESではヒュンダイがUber Elevate向けの飛行機プロトタイプを展示していました。みんな頑張ってる。
トヨタからもリリースが出ており業務的な連携も本格的に行う模様にて注目。
電動で垂直離陸にて、静かで小回りが利く。よって従来のヘリや小型機と違って産業用途のみならずパーソナルモビリティに期待されているという話、それを日本のメディアは「空飛ぶクルマ」と言い続けている。車でもなんでもない。むしろ構造的にはドローン。

この分野は電池、素材、そして総じて製造工程全般のベストプラクティスなど、日本勢が元来強い要素の集大成により成り立つ。米国のスタートアップと組むのも良いが単独でもバンバンやれば良いと思う。
Joby Aviationという会社
https://www.jobyaviation.com/
eVTOLとしてはドイツのVolocopterのようであり、チルトさせるのか、前進用のプロペラもあるようです。まだモノがない。

先日発表のあったスマートシティの動画には上空を飛行するドローンも映っていましたから、何かはあると思っていました。

【追記】しかしまあ、トヨタという会社は凄いですね。トヨタがちょっと動くとニュースが埋まる。NewsPicksを始める数年前までは一自動車企業以上の認識はありませんでした。未来をどう考えているのか、航空宇宙産業には金は出すけど、主体的に関わろうとするほど興味なさそうだし(だった)。
既にTOYOTA AIベンチャーズから出資をしていますので新しい話ではないですが、2018年の投資の際から金額が大きくなっているのをみるにつけ実用が近づいているとのことなのでしょう。2021年に着工する静岡のスマートシティToyota woven cityで稼働しそうですね。
すごい、一昔前は電池で人乗せて空飛ぶなんて、重すぎてレンジが使い物にならんかったが、最近はエネルギー密度がどんどん上がってるからなあ。

写真から見ると、オスプレイのように垂直離陸後にプロペラが90度回って固定翼機になるタイプかな?オスプレイというと日本では過剰に悪評が立ってしまっているのでトヨタとしては比べられたくないのかもだけど、垂直離着陸できてレンジも伸びるから、なかなか良いコンセプトだと思う。
未来の移動を総合的に面倒見ていく点からは当然の提携だと思います。「すべての移動をトヨタの手で!」の方針に揺らぎはありませんね。こうした提携話はまだまだ出てくると思います。
Joby Aviationへの出資。2018年にトヨタAIベンチャーズが出資していた企業なので、トヨタグループという形でみたときには完全な新規投資ではない。
Uber Elevateのパートナー企業に、初期からではないが2019年になっている。
https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/31311579.html
先日も日本の某製造業の方とお話したんですが、「製作」はできても「製造」というものに対する考え方がほとんどないベンチャー企業が多い、というところが非常に印象的でした。

具体例として「ねじ一本絞めるときのトルクは?」と聞いて返事できる製造業系のベンチャーがほとんどいない、とか。

普及機になって一般ユーザーの手に渡ったり、大量生産を不具合なく行うのは新製品を1-2台制作するのは全く異なるプロセスだということだそうです。

トヨタのようなプロがこうしたベンチャーに「製造」を指導できるのはお互いにとってメリットのある話なのでウィンウィンになる余地は大きいと思います。
別の記事でもコメントしましたが、以下。

CESのスマートシティ構想発表も含めトヨタの動きが活発。陸海空の中で空だけが空白領域だったので、そこを出資を機会にベンチャーテクノロジーと自社の空以外のモビリティ製造ノウハウで埋めに来ている印象。ソニーの自動車産業参入もそうだが、日本の雄がこういう積極的な姿勢をグローバルに見せていく事は大歓迎。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
25.3 兆円

業績