新着Pick
134Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ロシアの新首相にはミハイル・ミシューシン氏が指名されました。
というか、それ誰?と思ったら税務局の官僚だそうです。
気持ちの良いほど分かり易い操り人形ですね。

尚、現在ロシアで議論されている改憲案は、大統領の権限を縮小して、代わりに下院の権限を拡大するというもの。
そして大統領退任後のプーチン氏が下院議長になるという話も取り沙汰されている模様です。

ロシア的には
ウラー ツァーリャ プーチン(プーチン皇帝万歳)
ボジェ ツァーリャ フラニ(神よ皇帝を護りたまえ)
みたいな感じでしょうか。
おそロシア。
2000年の大統領選挙でプーチン大統領誕生に貢献したメドベージェフ氏。2008年の大統領選挙でプーチン大統領に後継指名されて圧勝して大統領に就任し、プーチン氏を首相に指名した。12年の大統領任期満了でプーチン氏が再び大統領に返り咲き、メドベージェフ氏は再び首相に就任。
これだけプーチン氏と“タンデム”でやって来たメドベージェフ氏が、プーチン大統領の「憲法を改正して政府と議会の関係など政治システムを改革する方針」を受けて総辞職して「安全保障会議の副議長につく」というのはどういうことなのか・・・ このところプーチン大統領は自身の立場の強化に随分力を注いでいるように見えるけど、次の首相には誰が就くのでしょう。24年に迫る任期切れに向け、どのような権力の構図が出来るのか気掛かりです (・。・;
結局ロシアはプーチン独裁体制。>プーチン大統領は、現在の憲法の規定では2024年の任期満了後に大統領職を続けることはできないため、退任後を見据えて影響力を維持するための布石を打った
ロシアは、中国とは違い複数の政党の存在を認めているので、一応民主主義国家ということになるのだと思いますが、プーチン大統領に対立する勢力は、野に下っている状態なので、プーチン大統領以外の大統領の器を持つ人物の顔が見えてこないですね。
日本に関して言えば、北方領土に関して二転三転して進展がないのは、政府全体として保守化した風潮が影響しているようですが…
ロシアは、ウラジオストクに行っても、ニュースがロシア語なので、ローカルな雰囲気が全く分からないというもどかしさがあります。

専門家のコメントに期待します‼️
ロシアのメドベージェフ首相が内閣総辞職を表明。メドベージェフ首相は新たに安全保障会議の副議長につくとのこと。プーチン大統領をトップとした組織は変わらない。
メドベージェフ内閣が総辞職、そして後任は無名の税務局長官。
24年の任期満了に向けての布石、とのことですが、プーチン大統領の腹の中をみんながはかりかねている状況です。
プーチン大統領が何の為に憲法を改正するのか。その思惑がよくわからない。