新着Pick
274Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
うらやましい限りです。そして希望でもあります。トランプ大統領誕生が追い風になったのは確かですが、それよりも愚直にジャーナリズムの価値を追求し、かつ、新しい分野への進出を身を削って果たしたことが成功の要諦だったと思います。さらなる希望は、倒産続きのアメリカの地方紙にも、ニューヨークタイムズの成功の教訓が浸透しつつあると聞くことです。アメリカの地方紙も蘇ってほしいです。ニューヨークタイムズが体を張って示したことは「信頼」こそがメディアの最高のリソースであり、エンゲージメントがジャーナリズムの新しいエンジンだということです。新しい信頼、見事なエンゲージメントがもとめられています。日本のメディアは日経が1周遅れ、朝日が2周遅れ、その他は3周以上遅れている感じです。ガンバラナイト。
デジタル対応を進めるメディア企業のお手本。
2014年のInnovation Reportから特に注目しています。
トップの強い意志が、変化を受け入れる組織風土を育み、この成果を導いたと感じています。
「合計の購読者数が500万人を突破。核となるニュースサービスへの登録者数が340万人、30万人以上が「NYTクッキング」へ登録し、約60万人が「NYTクロスワード」へ登録しています。また、90万人が印刷版を購読している」
マーク・トンプソン氏は昨年、紙のNYTの寿命について「紙が利益を出せるのはあと15年か、もう少しだろう。その時点で我々は、紙の発行を止めるかもしれない」という見通しを述べていました。向こう15年の間にデジタル事業を大きく成長させ、デジタルビジネスだけで十分な利益を上げられる構造を作る」という決意表明ととらえてもいいでしょう。
NYTのデジタルビジネスモデルの成功は、世界規模のブランドパワー、英語というグローバル言語の発信などの要因に支えられている部分も大きく、日本のメディアが同じ事をして同じように成功できるという性質のものではないとは思いますが、レガシーメディアにおいてデジタルファーストへの転換に成功したそのプロセスからは学ぶことが多いと感じています。
デジタル対応もさることながら、本来の「調査報道investigative journalism」を徹底して追求しているところがすごいと思います。

WSJも然りですが、ブロガーでは絶対できない、大企業に属する職業ジャーナリストでないとできないのがコレです。専門知識だけでなく、「大企業が記者を守る」ことを可能にする、金銭的・人的サポート体制が必要です。

セラノスの詐欺を暴いたWSJ記者が書いた本を読むとよくわかります。最近はこの界隈に「リーガル・ハラスメント」が横行しており、個人のフリーランサーでは、金持ちに「訴訟」でイジメられて対抗できません。セラノスではさらに、ストーキングやハラスメントもありました。それでも記者が頑張れたのは、会社が彼を守ったからであり、またセラノス側はそれに対抗してルパート・マードックに出資させて味方につけようとしたけれど、マードックはさすがメディア・タイタンだけあって、コンテンツには一切口を出さなかった。

それに加え、アメリカでは大学で「ジャーナリズム」を教えるところがいくつもありますが、日本ではないですよね?ジャーナリストとしての心構えや倫理を学び、またそういう教育を受けた人たちのコミュニティが、アメリカには厳然としてあります。

NYTのポッドキャストを聞いていますが、「サイバー戦争」や「ウィグルの人権侵害」など、ものすごい物量とリスク対応体制で、取材していることがわかります。

日本のメディアも、デジタル化という「伝え方」ばかりに目を奪われず、本来の「コンテンツ」という「志」を忘れないでほしいです。
去年は契約後一年間は4週間で1ドルキャンペーンをずっとやっていました。
コンテンツはしっかりしているので、きちんとしたファンはつくと思うのですが、100万契約のうちどのくらいがキャンペーン終了とともに離脱するんでしょうか。気になります。
これは非常に面白いニュース。ベゾスが買収したワシントン・ポストはデジタルトランスフォーメーションでだいぶ調子が良いと言うニュースは数年前から流れていましたが、ニューヨーク・タイムズも。それにしてもワシントン・ポストもそうですがちゃんとした書き手がちゃんとした記事を時間をかけて書ける環境整え、それを時代に合わせてきちんとデリバリーすれば売り上げは立つということ。
https://digiday.jp/publishers/washington-post-growing-business/
2014年にまとめられた社内文書「イノベーションリポート」で、ニューヨーク・タイムズは自社の価値を「世界最高のジャーナリズム」と確認しました。そして、それをきちんと届ける読者開発が必要だと。業績悪化からの復活はあれが基点。マスメディア業界で新規事業を探す動きがありますが、まず、自分たちの強みをシンプルに定義したイノベーションリポートを読み直すと良いと思います。ネットで公開されてます。
第一にブランド
第二にTAM、対象市場の大きさ
第三に本質価値すなわち記事クオリティ、ジャーナリズム能力の高さ
第四に徹底的なスマホはじめオンライン対応

と分析。
信頼に足るメディアのニーズは無くなることは無い。むしろ新世代メディア乱立、ソーシャルによる二次流通、フェイクなどの情報過多により逆説的にその価値は高まっている。
ついこの前も村田沙耶香さんのインタビューをシェアしたけど、日本でも朝日新聞デジタルあたりは読み応えのある記事を有料のみにしてけっこう健闘しているイメージだけど、有料会員どれくらいいるのだろう?

次男の名前が天縫(あまぬ)くんというところからの話だと思うんだけど、青髪オザケンのキラキラネームのインタビューも興味深かった、これ。
『変革願う新しい名前「キラキラ」も同じ』
https://digital.asahi.com/articles/ASN155FL2N15PTIL01B.html
NYTが去年1年で100万人の購読者を獲得。デジタル移行に大成功。全く進まない日本と大きな違い。何でこんな差になるのだろう?

合計の購読者数が500万人を突破。核となるニュースサービスが340万人、30万人が「NYTクッキング」、60万人が「NYTクロスワード」また、90万人が印刷版を購読している