新着Pick
207Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
良いことですー。もはやETCついてないと混んでる場所は入れないようにして、ダイナミックプライシングにすると良い。年末年始の帰省ラッシュなどは、ダイナミックプライシングで大いに緩和されるだろう。
人気 Picker
ロードプライシング!
良いですね。やるべきだと思います。オーバーツーリズムの是正という意味でも、観光客にも住民にも優しい街づくりのためにも、です。
シンガポールなどでも導入していますし、ヨーロッパの国々の中心市街は、既に「自動車のための街」から「歩行者のための街」に変化していっています。

鎌倉は、風致地区などの条例で景観を守っているかわりに、大規模開発とかは当然されません。
道路の二車線化とか幅の拡張なども難しいです。
鎌倉時代からの7本の切り通しが、今も旧鎌倉地域に入る主要道路になっています。
鎌倉時代とは明らかに人口も交通量も違いますから、そもそも当時は馬だったけど今は自動車だし、そもそもで構造的に破綻しています。

鎌倉の人口は17万人ですが、多くは大船など規制が厳しくない新エリアに住んでますので、いわゆる鎌倉時代の、鎌倉、旧鎌倉と言われるエリアには、5万人のみ住んでいます。

そこに年間2000万人の観光客なので土台、構造的に難しく、地域住民はゴールデンウィークや夏休みには、「深夜・早朝しか車は動かせない」「日中の移動は、徒歩・自転車のみ」「江ノ電は2時間待ち」という状態です。これはやはり改善していかなくてはならない。
観光客も、鎌倉時代からの細い道(歩道もない)を、観光しながら歩くので、車との接触事故など危ないです。

今までにパーク&ライド(途中まで車で、駐車場に停車し、江ノ電に乗り換えてもらうなど)も施策としてやっていましたが、そこまでの成果はあがりませんでした。

ぜひ全国の先進事例として導入してもらいたいなと思います。
要望書の特筆すべきところは、ロードプライシングを導入するかどうかという論点自体よりも、ロードプライシングやその他のシステムによる介入の有効性を評価し、エビデンスに基づく政策決定をしていきたいとする要望にこそあり、その姿勢に高い価値があると感じます。

それぞれの地域でも特性があり、ロードプライシングが吉と出るか凶と出るかは、極論としてはやってみなければわからないところがあると思います。

それを適切に評価し、凶と出たらまたやり方を少しずつ調整するといった姿勢は、長期的な視野に立った持続可能性の高い政策につながるのではないでしょうか。いわゆるEvidence-based policy makingを地域単位で実現しようとする、時代を反映した良い試みと思います。
生まれ育った鎌倉の地を離れて随分長くなりますが、たしか昔は海沿いの134号線は一部有料道路だったはずです(小坪〜極楽寺間くらいだったような)
また西鎌倉から目白山をとおって江ノ島に向かう道路も小田急の私道でこれも有料道路でした。
それでも今より渋滞は酷かった覚えがありますので(夏にはバスが1時間単位で遅れた)解消策になるかどうかはちょっと疑問ですね。
鎌倉は観光道路と生活道路が一体で、前が海、後ろが山という地形的な特性から東西に抜ける道が134号線と北の1号線しかなく、どこにいくにも大体この2本を通らなければいけないので、なかなか渋滞解消が難しいと言う事情があります。
パークアンドライドも失敗だったし、一層のこと若宮大路周辺は全部通行止めにして、朝比奈と稲村ヶ崎あたりに大規模な駐車場を整備して鎌倉を南北に貫くLRTでも整備しないとダメなんじゃないかと思います。
もう50年越しの課題なので特効薬はないのでしょうが、ともあれやれることは全部やるしかないですね。
マイホームタウン鎌倉で、交通渋滞がここまで問題化。市民は、もう何十年も前から週末は夕方にならないと出かけません。
江ノ電に市民が乗れないなどの影響も出ています。
京都やベニスなど観光客が殺到する影響が出ていますが、これはCO2を減らすためにもいいのでは。
鎌倉の交通渋滞対策については車だけではなく、江ノ電やJRも含めた交通網全体で考えるべきです。ロードプライシングなどの実証実験を繰り返しながら住民生活にとって最適な施策を見つけ出すことが重要なのですが、個人的には入域制限をしてでも年間2000万人の観光客を物理的に減らすことも必要だと思います。
ロードプライシング、総論とっても良い仕組みだと思うのですが、具体的にどのような形でやるのかが気になります。

本当に観光客しか通らない公道ならいいのですが、近隣に住む地域住民や運送事業などそういう自動車をどのような基準でどう判別するのは一定、手動でないとできない気もします。(どこまでが地域住民なのか?みたいな基準づくりもありますし、どのように判別するのか?という話もあります。)

入場車両を手動で判別していたら、それこそ混雑を助長するのでは?と思ったり。成功事例になってほしいので、具体的な仕組み化に注目したいです!
結構長く鎌倉に住んでいました。両親と妹はまだ鎌倉在住です。この制度だと、住民以外のクルマから通行料金を徴収するわけですよね。でも、別荘を持っていたらどうなるのでしょうか。商売のクルマは? 自転車は? アイデアには賛成ですが、技術的に実現までのハードルが高そうです。
これを見て、まっさきに京都の四条通が思い浮かびました。
2015年にかなり大胆な工事をしています。車線を潰して歩道を拡幅。
https://trafficnews.jp/post/92160/2
※実施当初は、周辺市街への周知が甘くて大規模な渋滞が発生し、不満の声もかなり出ていました。今は解消したのかな?歩道は歩きやすくて快適ですが。

鎌倉の場合はこういう大規模な工事は難しいでしょうから、ソフト面での対策が中心になるのだと思いますが、マイカー流入の抵抗になるくらいの料金設定がどれくらいになるかも含め、具体的にどのような試みを進めるのか興味深いです。渋滞が問題になっている観光地は他にも多くあるので、社会実験としての意義もあると思います。注目です。


個人的には、車で行くにしても離れたところに留めて、そこから何かバスなどで行くスタイルが好みです。
鎌倉は散歩に良い町ですよね。またフォトウォークに行きたいなあ。
フォトウォークと見せかけた実質おやつウォークもまた良し。
パークアンドライドシステムを導入する良い機会ではないかと思います。