新着Pick
210Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
やっぱり終わりますよね。

個人的には嫌いではないですし、どこかの将来、個人信用が所属企業とか保有資産などだけではなく創造される社会はぜひ実現したいとは思いますが、人の価値(信用)を数値化する多くのデータと結びついてこないと簡単ではないですよね。さすがにソーシャルメディアの状況を中心としてのスコアリングは無理があったと思います。

特にお金周りを扱うためには、規制を遵守しつつ超えていくのは当然だと私は考えているため、世の中に使われない状況で、コストもかかりながら辛抱強く進めていくのはとても忍耐のいる作業にならざるをえないと考えます。

既存の仕組みは、確かに既得権益多いですが、歴史が紡いだ一つの解ではあるので、きちんと咀嚼してアップデートする価値観を作っていって欲しいなと思います。
一言で言うと、早過ぎましたね。
興味深い取り組みではあったけど、情報の非対称性を軸に、オリジナル仮想通貨は銀行・株式・ノンバンク等から借りれない人の温床になるリスクはぬぐえなかったかんじでしょうか。格付け会社の存在意義がよくわかる…。ミニ格付け会社でもあればよかったのかな…。
あとは流動性を確保する前に、ネットワーク外部性を作っていくにも、既存通貨には勝てるほどの需要も見込めずという感じでしょうか
まだやってたんだ。忘れたころの情弱ホイホイ。

2年前の私のコメントへのリンクは以下。その後ヒカル事件が起きました。

(事件前のコメント)
https://newspicks.com/news/2298220?ref=user_175844
https://newspicks.com/news/2299064?ref=user_175844
https://newspicks.com/news/2354289?ref=user_175844

(事件後のコメント)
https://newspicks.com/news/2433605?ref=user_175844
https://newspicks.com/news/2475357?ref=user_175844
https://newspicks.com/news/2499128?ref=user_175844

—-
お気に入りは2017年7月に書いた次のコメント。

> 『VALUのいわゆる発行体が、「最初から上場ゴール狙い」 or 「すぐに飽きてしまって + レピュテーションを軽視する人」なら、サービスの継続性は無くなり、1-2年で終わり。』
規制対応もあるだろうが、その対応コストをねん出するだけの意義がなかったということ。
「優待」という言葉を使っていたが、時間による役務提供を受けたいならそういう契約をすればいいだけ。そしてそもそも提供義務もなかった。そのなかで「応援」という言葉で投機で話題になっただけだなぁというのが個人的な所感。
契約を小口化して将来価値が上がることを先買いするような構造なら、契約構造をもっとしっかりする必要があったし、BTCベースでやる必要はなかった(これは①にあるように円に2019年夏に変わった、まぁ当たり前)。
②以降は、バブってた頃の記事、その雰囲気と合わせて振り返りたい。当時から同じようなことを書いていたなぁ…
https://newspicks.com/news/4055055
https://newspicks.com/news/2336208
https://newspicks.com/news/2354289
https://newspicks.com/news/2434168
話題性があるサービスと、持続性があるサービスは全く異なりますね。インパクトがあるサービスほど、ビジネスモデルは「人集めた後」モデルだったり、あとから考えるモデルだったりします。

なんとなくですが、5年後ぐらいにVALUに近いサービスが、また話題になるような予感もあります。同じようなサービスでも、タイミングと運の違いで結果は変わったりするのがビジネスの面白いところです。
「個人が上場」という概念はブロックチェーンとハマってましたが、買い手が得られる権利を保証できず、一部のインフルエンサーのみが濡れ手に粟で利益を得ていたのをみると「情弱ホイホイ」と言わざるを得ない

【追記】そんな中、自主的に「自分のVALUの買い戻す」と宣言したけんすうさんは極めて良識あるインフルエンサーだと思います。ホント尊敬しかない
https://twitter.com/kensuu/status/1217617587460132865?s=21