新着Pick
16Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
クッキーとは別軸ですが、Googleが抑えられていないデータはまだあり、そこに価値があるのは間違いないです。その1つが店舗在庫であり、POS提供企業の買収は合理的ですね。
独自のPOSを提供するPointyとは2018年から取り組んでいるとのこと。私は初めて知りましたが、「販売時」を通じてデジタル上に商品データがアップロードされ、売れるたびに在庫数が更新されるようです。入荷数を切っているのは、個別企業の対応などがなくなるでしょうし潔いですね。
shopifyは自社のPOSを提供していますが、巨大プラットフォーマーのPOS参入はあまり聞いたことがないです。本当はECプラットフォームほどPOSに参入したいでしょうが、売り上げ持ってかれる問題を考えると、ブランド送客を行うGoogleがここをおさえるのは自然な流れとも言えます。

※Pointyの特徴はこちら
当時、Pointyの主軸製品は企業の販売時点管理、つまりバーコード読み取りユニットに接続するハードウェアだった。これを使えば、商品の販売時にバーコードを読み取るだけで、その商品が(販売数も含め)インターネットにアップロードされる。その後も、商品が売れるたびに読み取られたバーコードから在庫数が更新される。Pointyは入荷に関しては関知しない。長期的な販売パターンから、ほぼ正確に在庫数を割り出せるアルゴリズムを使用しているためだ。