新着Pick
184Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
プログラミングにおいて、頭で考えた処理をコンピューターが理解可能な処理に落とすプロセスを勘弁化してくれるサービスはどんどん出てくると思います。しかし、最低限動くものを作るのと、洗練された処理を考えるのは全く求められるレベルが異なります。むしろ、コーディングが簡略化されればされるほど、頭で処理を考えるというプロセスが、よりこれからのプログラマに求められるようになるのではないでしょうか。

例えるなら、日本語で考えた文章を自動翻訳してくれるサービスがノーコードだとして、そもそも日本語で考えるという処理がなくなるわけではないですし、翻訳サービスが一般化して多言語化が当たり前になると、翻訳サービスが翻訳しやすい日本語を考える思考力が求められるようになるのではないでしょうか?
プログラミング的思考がなければ、開発はできないのではないかなと思いますけどね。
ノーコードであること=開発スキルゼロでいい、ってことにはならないのではないかな。
Googleスプレッドシートでアプリ開発できるのが、Googeが買収した要因の1つなのでしょうね。

一般論として、「ノーコード(プログラミング不要)」をうたうプロダクトは数多いですが、簡易デモならノーコードで出来るけど、実用アプリを作るには実はコードが必要というのも多い。自分も過去に、そういうプロダクトの技術担当で、説明に苦慮してました。

あと、データ構造とかの「設計」は本質的になくならず、その知見はノーコードでも重要。

=参考=
Googleスプレッドシートからスマホアプリが作れる「AppSheet」の使い方
https://wak-tech.com/archives/570
ぷらっとホームは、東京都千代田区に本社を置くコンピュータ周辺機器やネットワーク機器の販売を(一部企画開発も)行う企業である。 ウィキペディア
時価総額
21.8 億円

業績