新着Pick

USJ「マリオ」新エリアは、外国人の心をつかむか

東洋経済オンライン
「Here we go!」。スクリーンに映し出されたのは、任天堂が誇る人気ゲームキャラクター・マリオ。そのマリオが大阪湾の一角に構えるテーマパークを颯爽と駆け抜け、おなじみのポーズで跳ね上がり、そのBGMからはマ…
12Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
いやー、これはホント楽しみ。
うちの次男とか、今年は絶対USJのマリオに行きたいとか年始に言ってましたからね。
まだ、いつオープンかも不明なのに。

ちなみに記事を読む限り、マリオづくしっぽいですけど、スーパーニンテンドーワールドという名称になってるのは、やはり海外向けのブランディングなんでしょうか。
アトラクションの変更の柔軟性を持たせてるってことなんですかね。

個人的に楽しみなのは、「パワーアップバンド」とパークの公式アプリが連動し、コインが貯まっていく、というくだり。
従来のテーマパークのアトラクションって、ライドに並んで乗ったら終わり、みたいなのが普通ですが。

ユニバーサルスタジオのハリーポッターの魔法の杖にしても、ディズニーランドのスターウォーズエリアにしても、エリア内にいること自体が楽しいというのが、最近のテーマパークの新しい作り方な気がしてまして、明確に位置ゲー的な要素が導入されるっぽいのに注目してます。
要は私が行列嫌いだからなんですが。

でも、スーパーニンテンドーワールドも、オープンしてしばらくは、ハテナブロック一つ一つに行列ができちゃいそうな気がしますよねぇ。
いつまで待てば空くのかな。。。
任天堂株式会社(にんてんどう、英語: Nintendo Co., Ltd.)は、主に玩具やコンピュータゲームの開発・製造・販売を行う日本の企業。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
6.64 兆円

業績