新着Pick
263Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
勝てる相手を選定するにも限界があります。やはり一番強いのは勝てるフィールドを作ること。自分がルールを作れるような環境さえ構築できれば、そこに入ってきた人は全員勝てる相手です。新規ビジネスにおける常套手段ですが、既存ビジネスで生き延びる活路でもあります。
むしろそういう比較的簡単な案件を新人に譲ったりして成功体験を積ませてあげるほうが、尊敬できるなあ。
勝てる相手を選ぶために社内政治を頑張るようになると、違和感はあります。
いい関係を築けるお客様を得ることを「勝てる」という言葉遣いにするのは営業のコア層にはウケるのかもしれないが、一般的にはツライところ。勝てるの反対語は負けるだと思うのだが、お客様は負けたのだろうか。
経験的に言えば、「苦手な人ほど、分かり合えれば真の味方になってもらえる」と思うので、「苦手なところは避けて、得意なところで勝負する」ことも良いですが、それでは、自分の限界を自分で認めることだと思います。

そこそこの成果は期待できますが、自分のスキルも伸びないので、すぐに頭打ちになるでしょう。特に、昇格したりすると、それが顕著に出ると思います。

ですから、この記事の内容は個人的にはオススメできません。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません