新着Pick
55Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ボーイングの737シリーズは2018年のグロス受注837に対して2019年は69機。当然のことではありますが、新規獲得がストップしています。
 737Maxの製造を止めるタイミングが近づき、サプライチェーンでマイナス影響が出始めていると思われますので、ホワイトハウスからの声がさらに厳しくなりそうな予感です。それにしても全容解明と再発防止策の提示に時間がかかりすぎかと。
この傾向は数年に渡り尾を引くでしょう。

なぜなら、現在の世界の空は空前の小型機ブームで元々エアバスの方が強い領域です。

737MAXは2018年ではボーイングの納入の約半分を占めていました。一方、エアバスでは320シリーズが納入の約8割を占めるほどなのです。
今後、ボーイングはエアバスに小型機では太刀打ちできなくなる恐れがあります。

特に、今回の運航停止は故障のような生易しいものではなく、ボーイングが不具合に気付きながらそれを隠蔽し納入したという悪質なものです。
人命を預かる航空会社からの信頼が大きく失墜しています。

ボーイングが今後シェアを回復するためには、社内にはびこる隠蔽体質を無くし、信頼回復に努める以外ないと思います。
ビジネスで一番大切なのは信用です。ボーイング社は737MAX機で大きく信頼を失っているので、たとえ運航停止が解除されても、すぐに回復しないと思います。
航空機の信頼は命に直結するので、長引くでしょうね。
ボーイング(英語: The Boeing Company)は、アメリカ合衆国に所在する世界最大の航空宇宙機器開発製造会社。1997年にマクドネル・ダグラス社を買収したため、現在アメリカで唯一の大型旅客機メーカーであり、ヨーロッパのエアバス社と世界市場を二分する巨大企業である。また旅客機だけでなく、軍用機、ミサイル、宇宙船や宇宙機器などの研究開発、設計製造を行う。 ウィキペディア

業績