新着Pick
697Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事を書きました。

今回の記事は、認知症の医学的な側面に焦点を当てて書きましたが、この分野は、従来からいわゆる「治療」よりも、介護、リハビリテーション、精神的サポートなど、多分野の貢献が非常に大きいところです。

「医療」や「医師」だけでなく、ご家族、介護職、ソーシャルワーカー、理学療法士など、さまざまな専門職がタッグを組んで対峙していかなければならない疾病です。

そんな中で、認知症「治療」はいまどこまで進んでいるのか。

残念ながら、真の「夢の治療薬」の登場にはまだ時間がかかりそうですが、認知症治療の現在地について、皆様のご理解の一助になれば幸いです。
今注目されているアデュカヌマブは分子標的薬の中でも、「抗体製剤」に分類され、名前に~マブとつきます。ターゲットを絞ったこの抗体製剤は、これまで乳がんのトラスツズマブ、悪性リンパ腫のリツキシマブなど、既存の薬を圧倒する効果を発揮し、悪性腫瘍や自己免疫疾患など、幅広い分野で用いられるようになってきました。一方で、今回のアデュカヌマブは抗体製剤でありながら限定的な治療効果しか発揮することができず、期待を大きく下回りましたが、これまでの治療薬開発失敗の歴史を振り返ると「夢の治療薬」と呼ばれるのも理解できます。

現在、アルツハイマー病で用いられている内服薬はドネペジル(アリセプト)などで、薬価は1日100円程度です。アデュカヌマブの薬価は未知数ですが、一般的に分子標的薬は数十万~数百万円かかる場合が多く、同様ではないかと予想されます。限定的な効果しか持たないこの治療薬がもし日本でも承認され、日本国内に約600万人いる認知症の患者さんに適応になるのであれば、医療費はこれまでに類をみない急増加をすることになると思います。医療費負担をする若い世代はどう思うでしょうか。認知症の家族をもち、藁をもすがる思いでいる人たちはどう思うでしょうか。FDAで承認でされれば、日本での承認の是非について議論が活発になると思います。
昨年、エーザイが発表したアルツハイマーの治療薬が話題になりました。FDAへの認可を目指し、2020年にも結果がわかる見通しです。もし仮に承認されれば、今年の医療界における大きな話題になるでしょう。

エーザイの治療薬は、認知症の薬の中で、どんな位置付けなのか。そもそも認知症とアルツハイマーはどう違うのか。プロピッカーの山田医師による、分かりやすい寄稿をお届けします。
認知症治療薬開発のこれまでについて包括的にまとまっている良記事。

不老不死は無理でも、長寿時代の今、なるべく認知症にならずにいたいもの。
完治は無理でも、進行を遅らせるだけでも十分意義のあること。
今後の研究の行方に期待。
先日NHKスペシャルで「認知症の第一人者が認知症になった」という番組をみました。高齢化社会で認知症は切実な問題です。そのケアに周囲の人たちは大変な労力を強いられます。

認知症を治す薬が開発されれば、高齢化への不安もへり、社会コストも削減できるでしょう。
アデュカヌマブは
患者さんに一筋の光を感じさせるものかもしれませんが

仮に日本を前提にすると

山田先生の仰る通り
効果が部分的な割に、膨大なコスト、未知の副作用があるのであれば

公的保険の保険給付対象にするのは難しいのでは。
当面はお金がある少数の層が、
自己責任・自費診療で使っていく
のは否定しません。

そして、特許が切れジェネリックが出てきてから(20~25年後)、
それまで世界で蓄積されてきたデータをもとに
医療経済性を評価し、
公的保険給付にいれるか判断する
というのが現実的だと思います。
認知症の方の介護に従事する身としては、家族や社会の認知症に関する理解がまちまちなのでとても大変です。一因は情報が錯綜しているからですし、不安を抱える当事者にとっては藁にもすがる思いなので、やむを得ません。
世界中で認知症治療薬の開発への挑戦が行われていますので、ビジネスや投資の面からは期待できるものとしておいといて、身近な話としてはシンプルに下記の認識がしばらくは主流だと思います。

・アルツハイマー型認知症等ポピュラーなタイプは現状完治しない。
・基本的に症状は進行し、最終的には植物状態にまで進行する。
・が、その前に持病や肺炎や骨折等をきっかけに床にふせる段階に入ることが多い。
・薬やリハビリでも治らないので、過度に期待しないこと。
・ただ、症状の一時的な緩和や、本人家族が穏やかに過ごせる時間は一時的に増えるので、適切に利用することは大事。
・薬もリハビリも適切でなければかえって症状が悪化する。
・現状、関わり方や周囲の理解(非薬物療法)の方が有効。
・このようなことをよくわかっていない介護職、医療職、ケアマネジャーも多く、当たり外れがある、、、という残念な現状。

あと、認知症のリスクは加齢にあるという人もいるので、例え治療薬ができても、そもそも長生き自体に認知症リスクがあったりするという見方もあるとか。。
高齢な両親を持つ身としては、切実な問題です。

ですが、副作用は看過できない問題です。
命に関わるので、これでは使えないと思います。

認知症の創薬が早く成功しないと、日本で多くの方が認知症を患ってしまい、介護が大変になります。

『そもそも示された効果が大きなものではなく、決して「治癒」を目指すことはできないようなものでした。

副作用に関しては、アデュカヌマブを投与してAβを除去していく過程で、一定の確率で出血や脳浮腫を起こす可能性も指摘されています。

加えて長期の投与による副作用は当然未知数です。例えば、5年間投与し続けたら何が起こるのかを知る者はいません。

そして忘れてはならないのは、抗体製剤には、これまでの治療薬とは比べものにならないほどお金がかかるということです。認可された際の薬価は未定ですが、高額になることは間違いありません。』
本件、門外漢の私なりにデータを見ても正直まだ確信を持てませんでした。彼らが見せたいプロトコールバージョン4後のデータ、EMERGE試験では実薬投与患者には有効性があるもののHigh DoseとLow Doseに有効性の差があまりなく、ENGAGE試験では50週までの投与ではプラセボと実薬投与の患者の有効性について差が出ない。。。
 ただ、有効性のある患者さんはいそうですので、薬効と費用、副作用のバランスの中で投与の可能性を追求すること自体は良い話だと思います。
 だんだん自分がその年齢に近づくにつれ、人に迷惑をかけたくないという気が強くなっております。イノベーションに期待します。
いま、人口のボリュームゾーンである、団塊ジュニア世代が、認知症、そして介護に向き合っています。
この連載について
ビジネスの話題に関する特別レポート
エーザイ株式会社(Eisai Co., Ltd.)は、東京都文京区小石川に本社を置く日本の医薬品メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
2.67 兆円

業績