新着Pick
126Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「紛争解決手続き」は、核合意でもし問題が起きた時のために定められていた解決の手続きです。現在起きている問題とは、まず2018年に米国が合意から一方的に離脱し、2019年にはイランに対する経済制裁を再開したことです。
 核合意は、イランが核兵器を開発せず、原子力開発を一定程度までしかしない、その代わり経済制裁を解除する、という取り決めでしたから、米国が離脱して経済制裁を再開した時点で機能しなくなっています。
 これを受けて、イラン側も、核合意から離脱する可能性をチラつかせていますが、今のところ離脱するわけでも、核兵器をつくっているわけでもありません。
 「紛争解決手続き」は、関係国で話し合って、それで話がつかなければ国連の安全保障会理事会に持ち込むことになります。安全保障理事会で、イランに対する経済制裁が決議されるというのは、一つの可能性に過ぎませんが、もし国連の決議になれば、日本を含め世界中の国が経済制裁に参加する義務があります。
 英独仏は、何もイランに経済制裁を行いたいわけではなく、イランに交渉に出てきて妥協してもらいたいがために圧力をかける、ということでしょう。英独仏は、米国の経済制裁があるのでイランに貿易という利益も提供できず、この程度の圧力をかけることしかできません。
 イランにとっては何の得になる話も無く妥協しろと言われても、妥協というのはイラクやシリアからの撤退ということでもあり、受け入れられるものではないでしょう。
紛争解決手続きは核合意に盛り込まれていたプロセスで、ここで各国が意見の一致を見なかった場合、国連安保理に持ち込むことができます。イランは当然の如く反発していますが、一方で「合意を維持する為の現実的な取り組みへの用意がある」とのメッセージも発しています。制裁再開でこれ以上経済への打撃を避けたいという意志が強ければ、最後は国連に持ち込まれる前に合意点が見出されるのではと予想します。
15日(水)、英独仏に答える形で、イランのザリフ外相は「2015年の核合意は死んでいない」と明言した。
テヘラン駐在時、友人のイラン人はトランプ大統領就任を喜んでいました。曰く、「イラン革命から何十年も経ってこの国は何が変わったのか?どこか少しでも良くなったのか?何も変わっちゃいない。もう中からはこの国は変わらない。外からじゃないと変わらない。そういう意味でトランプには期待している。」と。

年始早々すわ戦争かと緊張Maxに達し、果たしてこれが期待していたものなのか定かではありませんが、この国は外からしか変わらないという友人の言葉が悲しく響きます。

ちなみに2018年5月の米国離脱前、その直後も、イランが合意による核活動の制限を引き続き順守しているとの報告書がIAEAから出ています。規定値を超えての活動は2019年7月から。そしてIAEAの査察は断ることなく受け続けています。

https://newspicks.com/news/3054840
https://www.iaea.org/newscenter/focus/iran/iaea-and-iran-iaea-reports
いろいろありましたが、核開発だけは阻止しないといけません。
かじ取りが難しいですが、英独仏には頑張ってもらいたいです。
なし崩し的に核合意が守られなくなるのが最悪の状態だと思います。
イラン核合意について「核合意違反の存在を認めた場合の解決手段」に、英独仏が着手、とのこと。