新着Pick
346Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
単純に凄い。
日本ではかなり減ったとは言え、金融機関数が1500ほど。
これの即時決済するのも一苦労です。
口座数ではなく、銀行数とつながっているアプリの数が凄い。

———
Plaidによると、同社のサービスは1万1000行以上の銀行の2000万件以上の口座を2600本以上のファイナンス関連アプリに接続
———-

APIでひたすら繋いでいるのでしょうか?各国の銀行をまとめているレイヤーが存在するのでしょうか。
地道な作業だったと思いますが、システムが安全かつシームレスに繋がっているというだけで凄いです。

消費者とサービス提供者がダイレクトに繋がる時代では、単にマッチングしているだけのシステムは付加価値はないと思っているので、VISAと言えど安泰ではないですよね。このシステムに何を乗っけるのか、覇権争いは楽しみです。
Visaは、クレジットカードの国際ブランドとして見えていますが、
実はテクノロジー企業の様相が強いです。

国際的な決済ネットワークであるVisa Netを保有しているだけでなく、APIやアナリティクスなど決済に関わるテクノロジー企業を多く買収しています。
また、今回のようなテクノロジー企業だけでなく、決済代行事業者や国際送金の会社も買収しています。

カードの発行枚数では銀聯に抜かれたものの、決済金額ではダントツの一位です。
まさに、決済の巨人です。

しかし、このような形になったきっかけは、2008年の上場によります。
それ以前はクレジットカードの国際ブランドの非営利組織でした。
しかし、アメリカで独占禁止法(反トラスト法)で小売業者に集団訴訟され、その訴訟費用捻出のため、株式会社し上場したのです。
結果として、訴訟で多額の賠償を払ったものの、株式会社化され、利益を追求できるようになり、今に至っています。

これはVisaだけでなく、Mastercardも同様です。
しかし、VisaとMastercardが争っても、Visaの方が決済の規模が何倍も大きいため比較になりません。
最終的には、Visaと銀聯の争いになると思われますが、銀聯はほぼ中国国民向けなので、世界的に見れば、Visaの一人勝ちです。
伝統的なクレジットカードは、アプリと銀行口座の間に自らをおいて手数料をあげるビジネスモデル。
経済社会のデジタライゼーションとキャッシュレスの進展で、そのポジションが危うくなってきたというのは誰の目から見ても明らか。放っておけば、決済中心のクレジットカードは不要なレイヤーになってしまう。
であれば、まだ体力のあるうちに、将来自分をディスラプトする可能性のある存在を飲み込んでおこうと言う意思決定だと受け止めている。
これにより、VISA自体が「Plaid化」することで成長する絵が見えてきた。これには、さまざまなインプリケーションがあり、クレジットカード会社という業態の近未来にもインパクトを与えると思います。
日本において銀行口座を組み込んだ画期的なFintechモデルが中々出てこない最大の理由は、アプリ→フロントエンドとバックエンドの機能を充実させるAPIが圧倒的に遅れていることです。
visaがPlaidを買収すると、カードアカウントの機能が格段に充実します。visa自らFintech プレイヤーとして、どこまでバックエンドを担うモデルを想定しているのか楽しみです。

ちなみに、日本の銀行の基幹システムはスクラッチシステムが多く、コスパが悪いのでやらないのでしょうね。
下記がVisaのPlaid買収に伴う発表資料。
Visaは決済ネットワークを持っているが、Plaidは金融機関・Fintechのデータのやり取りをつかさどる。API連携が進んでいくだろうという前提で、そのインフラレイヤーを取りに行く買収に見える。スライド7に現在のペネトレーションが出ているが、それが広がると考えてのバリュエーションだろう。
業績インパクトは、売上成長0.8~1.0%、non-GAAP EPSでは1~1.5%のマイナスだが、3年後にはプラスになるという想定。Visaの売上は約2.5兆円、1%ということで現在の売上は約250億円ほど?PSRで20倍強くらいのバリュエーションか。
http://bit.ly/2tWa5GT
おーなるほど。Venmo, Robinhood, Coinbase, Squareなどアメリカの主要フィンテックアプリが使っているPlaidを手にすることでVisa関連の様々なサービスを提供できたり、顧客層も多様化できたりとmake senseなdeal. 昨年の売上が$150M前後と言われているので金額だけみると読めないですが、シナジーありきの即戦力買収な気がします。あとPlaidをグローバルに持ってくのにVisaはパートナーとして最適、とも。
VISAやmastercardは海外のテクノロジーカンファレンスに行くとものすごいデカいブースや協賛をしています。日本にこれに代わる存在があまり無いのでイメージしにくいですが、テック企業を買収するのはあまり違和感ない
Visaが買収したプラード(Plaid)はBaaS(Banking as a Service)企業です。金融機関向けにソリューションを提供しているB2Bビジネスモデル。

Visaが53億ドル(5,800億円強)という高額で買収したのには驚きました。それだけVisaは危機意識をもっている。

というのも、カードビジネスの収益源である加盟店手数料に世界各国から圧力がかかっているからです。極端な話、ゼロにしろと。インドではデビットカードの手数料はゼロです。

つまりこれまでのカードビジネスモデルではたちいかなくなったため、新たな収益源をみつけなければならない状況にある。そういう危機感からプラードの買収にいたった。

これまでもVisaは銀行や金融機関との強い接点がある。プラード買収で、それを生かせると考えたからです。
2018年12月に250Mを2.65Bで調達したPlaid。約1年で2倍のExitならありという判断。Fintechの土管を抑えたPlaidでさえこのExitというのはIPOの魅力が落ち始めた傍証でしょうか。
VisaがPlaidを53億ドルで買収。1年で倍か。フィンテックの裏方 >Plaidのサービスは1万1000行以上の銀行の2000万件以上の口座を2600本以上のファイナンス関連アプリに接続している。2018年12月に2.5億ドルを26.5億ドルで調達。