新着Pick
67Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
大胆な金融緩和を唱え続けていらっしゃった安倍総理の誕生が見え始めた2012年11月ころまで80円前後の“行き過ぎた円高”だったドル円は、さあこれから金融緩和だという期待感だけで異次元緩和(黒田バズーカ第一弾)発表までの僅か半年で100円を超える円安になりました。異次元緩和開始後暫く100円を挟んで膠着状態だったものが2014年10月末の追加金融緩和(黒田バズーカ第二弾)を機に125円近傍まで円安になり、2度のバズーカのカンフル効果が切れたあとはマイナス金利政策導入にも拘わらず101円台まで一旦円高が進んで107円台まで円安に戻し、2017年の初め以降は110円を挟んで105円から114円の範囲で行ったり来たりを繰り返しています。8か月ぶりとはいえ110円台はここ3年ほどの“中間値”に戻っただけで特に驚くほどのことでもなさそうです。さて、次はどちら方向に振れるのか・・・ 110円を挟んで上下5円の幅を超えた時が本当に驚くべき“ニュース”かも (^^;
12月短観時点における今年度下期の想定為替レートが、大企業製造業で106.90円/ドルでしたから、このままいけば、企業業績の上方修正が期待できそうです。
レンジ内の動きなので特筆すべきことはない。執拗な円高論者もいるけれど、金利差が一定水準以上ある限りドルを売り持ちにし続けるのは困難だ。

リスクオフなので円安とかもっともらしい解説をする向きもあるが、リスクオン=円高、という訳のわからない理屈が付きだしたは、ほんのこの10年の話で、リスクオンの時は本来は基軸通貨が買われるもの。また、円安=株高という構図は、いずれ円安=株安の構図に転換することになるかもしれず、そういう「日本売り」が来ないことを願うばかりだ。
9:26現在、1ドル=110.05円となっています。
Premiumを無料で体験
登録・ログイン