新着Pick
13Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
結局、成立しなかった「富士による米ゼッロクス買収」案は、たくみな手法を使った「安上がりるスキーム」だったと思う。
米ゼロックスの株主の理解を得られなかったのはしょうがないところがあると思う。
販社がメーカーより強くなりひっくり返したみたいな事例を集めてみたい。

>根底にあったのはゼロックスとの販売に関する提携への不満だ。「なんて不平等なんだ」。玉井氏は富士ゼロックスの社長に就任した18年、契約内容を見て驚いた。ブランド使用料としてゼロックスに毎年100億円超を支払うほか、特許の使用権もゼロックスに有利な内容だったからだ。

1962年の合弁発足時、富士ゼロックスは単なる販売会社だった。一方、ゼロックスは世界で初めて複写機の開発に成功し、世界最先端の技術力を誇った。だが半世紀たち技術力は逆転。今は主力製品の大半を富士ゼロックスが供給する。
ゼロックス(Xerox Corporation)は、印刷機器の製造販売を行うアメリカ合衆国の会社。フォーチュン500に入っている。プリンター、複合機、複写機、デジタル印刷機、および関連サービスを提供している。創業地はニューヨーク州ロチェスター。 ウィキペディア
時価総額
3,590 億円

業績