新着Pick
1222Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ドイツは既に週4日制でフィンランドも週4日制を検討中。
週休3日で回るのであればそれで良いですね。副業の余地も増え、男性の育児への参加も容易になります。
3/7が休暇ということは祭日も含めると半分が休みであり、住むところも色々と考える必要が出てきます。
ライフスタイルそのものが変わる可能性を秘めていると思います。

国のGDPが右肩上がりでなくても、インフレの状況でなくても、一人一人が公私共にハッピーであれば必要以上に働かなくても良いのではないでしょうか?マクロ経済の為に生きているわけでは無いと思うので。
日本はもう十分公休が多く、しかも毎月のように3連休が設定されているわけですから正直「まだ休みたいのですか?」とこういうニュースを見るたびに辟易とします。働き方改革は時間削減ではなく裁量拡大に肝があると思います。
業種によっていろいろやと思うので、
必ずしも週4日でなくても、たとえ週5日のままでも時短にするとか、
各業種いろんな形で対応できると思う。

子ども産んでから、絶対にお迎えには間に合わないといけないので、
より一層効率よく短時間で仕事こなすようになった経験からも、

時間を限っても意外と同じパフォーマンス保てるもの。
様々なサービス/商品が売り切りモデルからサブスクモデルに変わって、売上推移を予測しやすくなったので、週四勤務という大胆な施策に舵を切れる様になってきました。AzureやOffice365がメインの収益源であるマイクロソフトが先陣切ったのも、それが理由の一つですね。週四勤務の結果、様々な副次的ベネフィットが生まれているのであれば、ますます売り切りモデルの企業との差が生まれてしまいそうです。色々な意味で、サブスクが企業の明暗を分けますね。
今は週に3日は外で仕事してますが、もっと減らしたい。
間接部門は、効果を発揮できる可能性はあります。

しかし、直接部門は、人間以外の一定の「どうしても必要な時間」が別途あるので、勤務時間を減らせば、その分、生産などが減ります。

そう考えると、製造業などが少ない国や地域だと、効果があるかもしれませんね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
土日+好きな休日1日あると、共働きで子育てのパターンで、3日仕事、1日仕事+家事、2日家事、1日完休 (反対側は2日仕事、2日家事+仕事、2日家事、1日完休になる) みたいにできる。いいかも。
子供達が大人になることはどういう週4日勤務が当たり前になってるのかな。
日本マイクロソフトさんの実験の狙いは、自社の生産性アップもそうですが、同時に、新たな働き方それ自体をこれから売ろうとしていること、にあると推察しています。(AWSのやり方と同じく)

働き方もそうですが、こうやって提供価値を考え出すマーケティング発想、こそ真に見習うべきことではないかと感じます。

もちろん、上記推察があっている、ことが前提のハナシですが…
マイクロソフト(英語: Microsoft Corporation)は、アメリカ合衆国ワシントン州に本社を置く、ソフトウェアを開発、販売する会社である。1975年にビル・ゲイツとポール・アレンによって創業された。アンドロス。 ウィキペディア
時価総額
141 兆円

業績