新着Pick
941Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
なるほど。ストロング系チューハイを危険ドラッグという人もいるのですね。記事を読むと確かに理解できるところもあります。

「危険ドラッグとして規制対象とすべきです。飲みやすさのせいで多くの人がビールの倍近い濃度のアルコールをビール並みの早いペースで摂取し、血中濃度の上昇が急峻です。公衆衛生的アプローチを考えれば,本来の酒税はアルコール度数の上昇に伴って傾斜すべきところですが、『税収ありき』の国の二転三転する方針にメーカーが追い詰められて、確実におかしな事態を引き起こしています」

酒税は少しづつ改善されていますが、まだ抜本的に酒類間の差があるのが実情。昔の名残などはそろそろ一掃して、等しくアルコール度数で税率を整えることに手を付けるべきでは、と改めて思いますね。
正月に集まった息子たちがこれを話題にしていました。「あれはやばい」と。その直後に医師のSNSが話題になりました。いろんな副作用が指摘されるSNSですが、社会のリスクにいち早く警鐘を鳴らす機能はやはりすごいと思いました。もう30年も前ですが、ある風邪薬がドラッグとして広まったことがありました。毎日新聞が調査報道でそれを指摘したのですが、記事化までに長い時間がかかったことを覚えています。
このタイトルは「課税」と「健康増進」の関連性を前提に付けられたものかと思いますが、それが真実なのかはなかなか難しいところです。

前提として、「課税」により影響を受けるのは貧困層であり、裕福な層にはあまり影響を及ぼすことはできません。

これにより、「健康格差の縮小」にはつながりそうですが、一方でより貧困な層で健康に関する教育がより不十分であるという相関も知られており、例えば貧困層では「アルコール飲料」から「ペットボトル飲料」の購買に流れて糖尿病の悪化が増えるといった影響が出やすいことも知られています。

日本でもやっとEBPMが強調される時代になりました。様々な政策とアウトカムの関連性をこれから積み上げていく必要があると思います。
メーカーとしてはルールの中で売れるものを作るのでここは仕方ないところ。ただ、ルールはこのようなことで変更されるので、将来的にストロング系チューハイというのはなくなるか、もう少し価格が上がるのかもしれない。
チューハイは飲みません。
日本酒が安くなると個人的には嬉しいです。
今年の正月は二日酔いにならなかったので、この調子で頑張りたいです。
5%もら9%も大して変わらんだろう。なにが危険ドラッグだよ。そんなに酒弱いならそもそも飲んだらいけない。
危険ドラッグは大げさだけど飲み過ぎ注意w
ハイボール派。
角ハイの“濃いめ”も危険てことか。