新着Pick
134Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Xiaomiはミッド~ローエンド、Samsungはミドルハイ~ハイエンドなので土俵が違うという事と、台数ベースではそうだが金額では遥かにサムスンのほうが大きいという事はあるが、それを差し置いても学ぶべきシャオミの凄さ。

惜しむらくはインド国産スマホの雄マイクロマックスが完全敗北して根付かなかった事。精密製造業の定着が国家経済のトップイシューであるにもかかわらず政府も国上げて支援するくらいすればよかったのに将来を見据えきれていなかった。
短期間での急激なシェア変動で見ると、Realmeに勢いがある。
2018Q3 3% → 2019Q3 16%
でも、一番影響を受けているのは、Samsungではなくて「Others」に含まれるメーカー。
LAVAやMicromaxなどのローカル企業なのでしょうか。ここ数年の変化の中で、Huaweiが上位には全く出て来ない。Honorもあるはずですが、苦戦の理由が気になります。

『India Smartphone Market Share: By Quarter - Counterpoint Research -』
https://www.counterpointresearch.com/india-smartphone-share/
まず、成長が始まりチャネルコストが低いEC市場で低価格を武器にシェアをとり、次に一定のボリュームをとってからオフラインを手がける。記事を見る限り(製品戦略はここでは分かりませんので)うまくチャネル戦略が当たったようです。コンテンツはどうでしょうか。
インドの人たちは、人口の大部分が低所得者層という特性もあり、良い意味でとてもコストコンシャスです。

モディ首相の政策により、現金社会から、一気にデジタル社会に移行したため、低所得者層の人たちでもスマートフォンは必須です。

そこで、インドの人たちは「必要な機能(ユーザー価値)/コスト」と「コストの絶対値」をシビアにみて購入しています。

そう考えると、シャオミがサムスンから首位を奪うのは当然の流れであることがわかります。

インドのAPP事情をみると、その傾向がよくわかります。

多くのAPPは「Android版が先行もしくはAndroid版のみ」です。何故なら、「iOS版」は、本当に限られた富裕層しか必要としないからです。

Appleの魔法が通じない国、それがインドなのです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
先月、日本市場のスマホ市場への参入を発表したシャオミ。
インドでもやはりその価格で人気を博したのですね。
【中国シャオミが日本上陸--1億画素スマホや炊飯器など“高コスパ”な6モデルを販売】
https://newspicks.com/news/4448242
インドのローエンドはまだまだ空いている。今後の5年程度で誰が覇権を取るか楽しみです。
サムスン電子(サムスンでんし、韓国語: 삼성전자 三星電子、英語: Samsung Electronics Co., Ltd.)は、大韓民国の会社であり、韓国国内最大の総合家電・電子部品・電子製品メーカーで、サムスングループの中核企業である。スマートフォンとNAND型フラッシュメモリにおいては、ともに世界シェア1位。 ウィキペディア

業績