新着Pick
395Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
一番変わったのは社会の雰囲気だと思います。

2010年は日経平均株価は9,000円を切り、ドル円相場も1ドル80円近辺まで円高が進みました。
今は日経平均株価は24,000円近くまで上がり、ドル円相場も1ドル110円近くまで円安になりました。
これだけで全てを表すことはできませんが、劇的な違いです。

2010年は、ひたすら社会の先行きが見えず、将来の不安しかありませんでした。
しかし、今は東京オリンピック以降の不景気を心配できるほどの好景気です。
人不足も2010年どころかバブル期以降はなかったことです。

街角で実感は感じられないのかもしれませんが、
当時の日本人が感じていた閉塞感は払拭され、日本人が前を向いて物を考えられるようになったと思います。

アベノミクスの功罪は置いといても、人の心が変わり、社会の雰囲気が変わったのは明らかだと思います。
iPhone3Gが2008年、3Gsが2009年発売。
日本では2009年にスマホの普及が一気に進んだ印象があります。
スマホで課金支払いがしやすくなり、事業者の課金収入が増えたのもその頃です。
2011年に震災があり、多くの人にとって、仕事も人生観も大きく変わるタイミングだったことは間違いありません。
10年前のちょうど今頃、離婚することになった夫(当時)から内容証明郵便で脅迫状が届いた

ということをこの記事で思い出しました…

それはさておき、真面目な話をすると、

-ここ10年の変化はスマホ云々という以上に(iPhoneは10年以上前からあった訳だし)プラットフォーマーがインフラになり、私たちの生活を(良かれ悪しかれ)牛耳りはじめた、というところではないでしょうか

-東北大震災から10年、にはいろいろ考えさせられるところがある。あれから5回ほど東北に行ったが、自分が何かできたのか、今も考える


-これ以外では、人間の営みは10年やそこらでたいして変わらないものだな、と思う。古典を読んだときは特に
スマホというのは予想通りなので、記事9分割とか2030年にはなくなってほしい
最終的な結論は少しイデオロギー的なものを感じますが、俯瞰して見る分にはなるほど、と思う面もありました。
個人的な変化は
①スマホの普及と動画投稿、SNSやアプリの躍進による情報の発信と入手の変化。
②AI の時代に入るためのデータ収集と一般市民への意識の浸透開始。
③東日本大震災以降の地縁を見直す市民意識の変化。地方分権と中央集権。
④そして全ての要因の大きなものである、少子高齢社会による、税収と労働力の減少。
⑤資本主義社会の限界?

今後は④の社会に対応していくために①〜③で抗おうとしますが、いよいよ難しくなると⑤自体が見直されそう。それは日本からは基本的に起こらない。歴史を見ても、邪馬台国、遣唐使、鉄砲伝来、キリスト教上陸、明治維新、GHQ占領と、日本の劇的な変化は海外からもたらされているから。
きっと、北欧か共産圏から新しい成功モデルが世界のトレンドになってきたら日本もちょっとずつ取り入れていく。きっと2040年代、日本の超越高齢社会のピークが訪れた頃になるでしょう。。
本質からはそれるが。。。
この記事自体が変化な気がする。
2010年代の一番の出来事は震災ではないか?
この記事で一切それが触れられてないのは変化だと思う。
あまり固執するのは良くないけど、忘れるのはもっと良くない。

それを踏まえて原発等の問題をどう解決するか?
が大切な10年じゃないかな。
一番大きな変化はスマホの普及だと思います。そして、Wi-Fiなどの通信環境の変化も大きな変化。これから5Gの時代になりますが、2030年にはさらに想像を超える時代になっていると期待しています。
この10年、日本にとってはテクノロジーの進歩などより、やはり震災の影響が一番大きかっただろう。
スマホ触ってる時間の長さ
写真やアルバム、年賀状印刷を全て外注化して、プリンターを捨てた。