新着Pick
393Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
経営者はやっている気になる、社員はやらされている。

SDGsに関する理解度が低く、表面的な取り組みが多いですからね。本末転倒な現状であることは事実。

「文化を根付かせる」「社員は歯車ではない」などの発言がなくなり、提言などまとめなくてもいいようになることが大事。

みなさん、あと何年くらいSDGsバッジを付けているんでしょうね?誇示しなくなったときが浸透した状態ですね。
サステイナビリティに貢献するスタートアップは国内外に沢山ある。大企業はそのような会社に資金提供し協業すればwin/ winである。収益化の時間軸が一般より少々長くてもSDGsにフィットするゆえ是だろう。
そのような投資はこれからだまっていても増えると予測するが、資本金や内部留保や利益を基準として大企業はそのような会社に資金提供する事を義務化する立法をしたら尚よいと思う。
企業のビジョンやミッションと同じくどれだけSDGsの概念が企業活動の細胞レベルに浸透するか。冗談まじりでもいいので毎日の会話レベルに入ってくるとかなり違うものになると思います
最近、形だけのSDGsが流行っています。
コンサルティング会社も多く群がってていの良いことばかり言っています。

個人的には、SDGsとは企業文化そのものを表しているものであり、ビジョンだと思います。
SDGsのうち道徳的なことは必ず守るとして、
環境に関しては少しずつ努力することが必要ですが、
大きな投資をかけてするものではないと思います。
何故なら、企業は利益を上げなければならないからです。

となると、SDGsに取り組む意義は何なのか。
それは未来の企業価値ではないでしょうか。
未来、例えば30年後の企業価値なので、それを現在価値に直すと寄与はそう高くありませんが、30年後に企業が消える訳にも行かないので、取り組もうと考えるべきです。

しかし、何でもやれば良いというわけではないので、業種毎にできることの目標を定めて、団結して、ある意味、横並びで取り組むことが大切なのではないでしょうか。
SDGは大いに結構だとしても、これが企業収益(ひいては株主)にとってどれほどポジシティブなのかは実証して貰う必要が、資本市場からすればあるはずです。社会厚生改善のために誰かがコストを負担するべきだとしたらそれは一義的に国民に選ばれた政府であるはずであり、そこに議論の余地は無いと思います。
社風や風土があり本気で取り組もうとしている企業と、取り敢えずファッション的に取り組む企業で当たり前ですが凄く温度感を感じるテーマです。とはいえ形からでも進む事は良いとも感じています。
ホント、あのバッジを見て、いろいろ思うんですが、それはさておき。

下記ですかね…

企業と人間社会の持続的成長のための SDGs
~価値創造に向けて、一人ひとりが自ら考え、取り組む組織へ~
https://www.doyukai.or.jp/policyproposals/uploads/docs/190731a.pdf?190731

ユニリーバ、ネスレ、スタバをベンチマークにした取り組みが行われていくかどうか、その後の各社のアクションが気になります。
社会のルールが変われば、組織が持続するための前提が変わるようなもの。
そういう意味では、文化にしていくというのは筋が通っている。
SDGsだ!となり、先ずはCSRだ!だと本質的には何も変わっていないのですが、これがやってる気になってしまっている企業が多いというお話かと。
SDGsが形だけなのは日本企業だけではないと思いますが、あまり変に意識過ぎると何も出来なくなるので、ちゃんとした方向付けが大事な気がします。
日本電気株式会社(にっぽんでんき、英語: NEC Corporation、略称:NEC(エヌ・イー・シー)、旧英社名 Nippon Electric Company, Limited の略)は、東京都港区芝五丁目に本社を置く住友グループの電機メーカー。 ウィキペディア
時価総額
1.04 兆円

業績