新着Pick
178Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
台湾総統選は、台湾の人たちの年代間の闘争でもあります。台湾の年配の人たちは、自らが大陸から移って来たり、両親がそうであったり、あるいは教育の影響であったりという理由で、大陸とどちらが「中国」であるのかの正統性を意識してきたと言われます。
大陸は、中国共産党が統治する中華人民共和国が正統な中国であり、台湾はその一部であると主張し、一方の台湾は、中華民国が正統な中国であり、元々、台湾国民党は大陸反攻を企図していました。
中国が、「92コンセンサス」という、双方が「一つの中国」という認識に同意したというものは、大陸と台湾で意味が異なるのです。
しかし、台湾の若い人たちの意識は異なります。彼らは、生まれた時から台湾は現在の状態で、大陸と一つだという意識は薄いと言われます。彼らにとってのアイデンティティーは、「台湾人」であることにあります。彼らは、大陸反攻など考えもしないでしょうし、「独立」ということもしっくりこないでしょう。元々、台湾は台湾で、何かから独立する必要もないということです。
それにもかかわらず、大陸中国が「台湾統一」を主張し、武力行使による統一も辞さないと脅しをかけ、軍事的な圧力もかければ、反発のみが強まるでしょう。しかも圧力をかける中国は、民主主義国家ではなく、香港の自由や民主主義を抑圧し、抗議デモを強硬な手段で弾圧しています。
そのような状況を見れば、特に若い人たちは、中国が言う「一国両制」を信用することなどできないでしょう。自由や民主主義という価値観を持つ台湾こそ台湾の若い人たちが帰属意識を持つものなのです。
一方の年配の人たちは、自らの経済的利益を守ることの方に重点があるかもしれません。これまで大陸とつながって良い思いをしてきた人たちは共産党が怒って台湾との経済関係を断ち切ることは最も避けたい事態でしょう。しかし、それが中国共産党の思惑でもあります。経済的影響力を背景に圧力をかけ、自らを支持させるという方法は、現在では、国際社会の中でも行われています。
単純化し過ぎという批判を恐れずに言えば、台湾総統選は、現在の経済的利益を優先する年配者と、自由と民主主義をもった台湾を守りたい若者たちの間の、価値観の争いでもあるのです。
蔡が優勢であることはマスコミの報道を見てそうだろうと思われる。
台湾は独立していくかと聞くと、宣言はしないだろう。宣言したら間違いなく大陸に統一戦争のきっかけを作っていく。
そんなに大陸は嫌われているだろうか。少なくとも経済発展の面では大陸はどんどん自信を持つようになっている。
ほんとうに台湾も自信を持つようになろうとすれば、もう少し経済の成功を収められるような政策を取ったらいかが。
経済の無策と政治の対立、その程度のことをしようとしたら、台湾には未来はないと思われる。
香港情勢が台湾の総統選挙に与えた影響の大きさは、中国の想定外だったのではないか。
台湾の総統選は毎回投票率80%を超えますが、特に今回の選挙は台湾の将来を決めると言ってもいい極めて重要な選挙と言われています。

ここ数日は大規模な応援会がまるでお祭りやライブのように開催され、熱気に包まれています。
恐らく今回は90%近い投票率に達するのではないかと。
日本の投票率から考えると驚異的な数字です。

主な候補は、
「台湾要贏(台湾は勝つ)」をスローガンに台湾独立を目指す民進党・蔡英文か、
「台湾安全・人民有銭(台湾の経済を豊かに)」をスローガンに親中を目指す国民党の韓國瑜。

一概には言えませんが、蔡英文は主に若い層から、韓國瑜は年配層からの支持が多い印象です。

まず主な争点が、記述にあるように今後の中国本土(共産党)との付き合い方。
特に今回は一国二制度が招いた香港の今の現状が、蔡英文の大きな追い風になっていることは間違いありません。大規模な応援の際は多数の香港人が応援してる姿も見られました。
つまり、民進党は中国共産党の支配から台湾を守ろう、という意図です。

もう一つが経済で、韓國瑜は主にここを焦点としています。
例えばあまり給与が上がらない(国民平均給与が日本の約半分以下)にも関わらず、都市部の家賃が高騰している(台北市内は東京を超える値段)など、様々な問題が台湾にはあります。
ここを国民党側は逆に世界トップクラスの経済規模の中国(共産党)と融和で解決していこうという意図です。

台湾では本籍地でしか投票を認められていないため、今日は台北など都市部に住む人から普段海外在住の台湾人まで、かなりの人が地元へ帰省しています。
(私も投票で帰った妻の帰りを家で待つだけ…。)

(TW18:40)
着々と開票されてますが、蔡英文再選でほぼ確定でしょう。
民進党の開票現場にはこれまた凄い人が集まってて、各選挙区の民進党当選者発表がある度に歓喜の熱気が凄いことになってますw
台湾の歴史的事情で、多くの日本メディアは中国共産党に配慮した報道をしがちですが、、、つ
前回の総統選同様
中国共産党への危機感が蔡英文候補を後押しするのではないでしょうか?
ただリンクも貼ってますが、経済政策への不満もあって
国民党への支持も依然大きいものがあるようです

後輩の現地レポート動画↓
https://m.youtube.com/watch?feature=share&v=dlDgu5DA8Tk
いよいよ投票日となりました。

日本での報道は専ら中国よりか独立志向か、とステレオタイプな内容に終始していますが、ここ最近の選挙では内政問題が投票動向に大きく影響しています。
各党の予備選挙の段階では韓国瑜高雄市長の経済政策重視の姿勢が評価され蔡英文総統を大きくリードしていました。

その後、香港の反送中デモ、米中貿易摩擦を受け、蔡英文総統民進党側が世論を味方に争点をうまく変えることに成功した結果、韓国瑜高雄市長、国民党は防戦一方になっていました。

焦点は同時に行われる立法委員選挙(国会議員に相当)に移っており、今回国民党、民進党以外のミニ政党が多く立候補者を立てており、二大政党の票をどれほど取り込むか注目されます。

特に柯Pこと、柯文哲台北市長が立ち上げた民衆党が躍進するのか、国民、民進両党が過半数を取れなかった場合、キャスティング・ボートを握る可能性があり、次の2024年総統選挙を左右するかも知れません。

また、今回はネットの活用も盛んに行われており、各候補ともSNS等を使って盛んに発信をしていました。
そんな中、デマ情報やフェイクニュースも流れていました。スマホ普及率が高く老若男女スマホを使いこなす台湾では新しい選挙の姿を垣間見ました。

今日は非常に良い天気になっており、近所の投票所にも多くの人が投票に訪れているのを見かけました。(残念ながら私は投票権がないので中には入れませんが)
ここ数回の選挙は投票率が低下傾向でしたので、ここも注目されます。(とは言っても日本とは比べものにならないくらい高いですが)

【追記】
台湾時間16時
投票が終了し開票が始まりました。
まだ票が開き始めたばかりですが、蔡英文総統がリードしています。
台湾行きの飛行機のチケットが取りにくくなっていると聞きます。
海外に住んでいる台湾人が投票のために帰国するのが理由です。
毎回台湾総統選挙の投票率が高いのはそれほど国民が国政に真剣だということです。
日本は50%前後なので寂しいですね。
近くて近い国、台湾のことなので、誰か勝っても日本と仲良くして欲しいです。
今、ちょうど台北に来てますが、街中から見えるテレビはほとんど選挙ですね。

台湾の友人に話を聞くと、選挙のためだけにカナダから飛んできたみたいです。(家族全員)

それぐらい真剣。