新着Pick
117Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
インドネシアへの投資に関与しましたが、インドネシアは近年、安定して5-6%成長を続けていて人口も2億人を超えるアジアの大国です。IT関連の企業上場が増えていて、キャッシュレスも進んでいる国。
また、起業家を大統領補佐官にする取り組みを見ていても国をあげて更なるリープフロッグを目指していることがわかります。

首都移転も決めるなど、最近の柔軟な取り組みは目を見張るものがあります。

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO49530670W9A900C1FFN000?s=0

https://thebridge.jp/2019/11/indonesia-names-2-startup-founders-as-presidential-special-staffs-following-gojek-ceos-appointment-20191121?utm_source=FeedBurner-Sd+Japan%28Japanese-New%29&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+SdJapan+%28The+Bridge+%28Japanese%29%29
下記は2019年9月の記事だが、その時点でのインドネシアのユニコーンは下記5社
①Go-jek:配車アプリからスーパーアプリを目指す、Tencentが出資でソフトバンクG出資のGrabと競争)
②Tokopedia:EC最大手、ソフトバンクG出資済み
③Traveloka:旅行サイト、ExpediaやJDなどが出資
④Bukalapak:ECサイト2位だがC2C・O2Oなども手掛ける。GIC(シンガポールのSWF)やSTRIVE(旧Gree Ventures)、アークファン、Antなどが投資
⑤OVO:デジタルウォレット
https://newspicks.com/news/4246969
「Sleeping dragon」と言われはや何十年…3億近い大きい若い人口は魅力ですが、赤道直下の南国らしく大らかな国民性ですので、これからも急成長はなく緩やか~に成長にしていくのだと思います!会社としても個人としても、長期的に持ち続けれられるのであれば、インドネシアは良い投資案件!
インドネシアは東南アジア諸国の中でも成長性が高い。人口増がつづくかぎり、経済成長はつづく。2.6億人という人口はソフトバンクGにとって魅力的でしょう。

アリババはアジアやアフリカへの投資を積極的におこなっています。特にスマートシティではアリクラウドをベースにしたサービスを展開中。実業とともに投資するところはソフトバンクGとちがうところです。
インドネシアなんかに構ってる場合か。
そもそもインドネシアのどの企業に投資するのかさえ不明。
私のいるフィリピンも注目してほしいです。人口が1億人を超えていて、出生率が高く2091年まで人口ボーナスが続くと言われています。
英語が公用語なので会話もしやすく、日本から近いのも魅力です。
経済成長も6%を超えているので、インドネシア投資の次はフィリピン投資になって欲しいです。
ソフトバンクグループの孫会長は、インドネシアのジョコ大統領と会談を行い、インドネシアへの投資を拡大したいと述べたとのこと。金額には言及せず。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
11.8 兆円

業績