新着Pick
226Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ラグジュアリーは、店舗を含めての「世界観」を買う。
アマゾンが得意な「効率的EC」で買うものではない。

「ネットではラグジュアリーを売れない」とまでは言わないが、
成功させるためには、現在のアマゾンとは別の文化が必要ではないか。

「情報筋によれば、アマゾンはLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON以下、LVMH)の傘下ブランドにも出店を打診したが、すげなく断られたという。」
ファッションに投資を行っているアマゾンが、さらにラグジュアリーブランドに参入するかもしれないという記事。アマゾン発表でないのであくまで憶測。日本でも、ファッション業界へのマーケティングは積極的に行っていて、sacaiのパーティーに行ったら、アマゾンがスポンサーをしていて驚きました。

店舗でみて、考えて、ネットで購入というのは、世代によっては当たり前になっている購買行動。ラグジュアリーブランドもネットで、というのが当たり前になる時代が来るのかもしれませんね。

ただし、ブランドによってはアマゾンでの販売はブランドが劣化すると考える一方、偽物対策として、正規店をアマゾンで運営する意義はあります。世界観を保てるサイト運営ができるか、新しい挑戦ですね。
アマゾンがラグジュアリー市場に参入するとの報道。「現在12前後の大手ファッションブランドと交渉を進めており、2020年上期にも“ラグジュアリー専用サイト”を立ち上げる」とのこと。
これは上手く行くのでしょうか。

ブランドのランクによりますが、ブランド店で選んで買う体験も顧客は求めているのではないでしょうか。

私は記事中にあるLVMHの傘下の百貨店ボンマルシェのECである24セーブルの会員ですが、それほど惹かれるブランドは販売されていないです。
ですが、実店舗のボンマルシェで買う方が断然楽しいです。
日本の百貨店にとってはさらに厳しさが増す動き
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
103 兆円

業績