新着Pick
240Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
およそ20社の上場子会社と多額の有利子負債を抱え、ある種Equity/Debtの両市場でレバレッジをフルに効かせて業容拡大を続けてきた「日本流通業界の巨星」。
同社としては初の創業家以外からの社長となる吉田氏の双肩にかかる期待と重責は大きいと思います。

オーナー企業という印象が強いイオンですが、実は上場小売業では珍しい指名委員会等設置会社で、透明性のあるガバナンス体制を敷いています。
多角化経営を進めているようでいてイオンの戦略方向性は明確で、①デジタルトランスフォーム、②首都圏含む都市部マーケット、③アジア市場、の3本柱。
今回の人事含め、健全な自己変革を続けていると評価できるのではないでしょうか。
大きいニュース。親子上場の整理とキャッシュフロー経営へのシフトの契機になるのか。

Important. Wondering if the new management starts to delist key subisidiaries as well as to focus seriously on cash flow control.
それなりに株主所有構造が分散しているのに、23年!?と驚いたのですが、業績も株価もこの10年しっかり拡大基調なうえに、委員会設置会社で株主から支持されての23年なようですね。新社長が創業家が作ってきたものを維持しなきゃモードにならず、どれだけ行動力を発揮できるかが要なようにも。外野ながら応援したい
アジアシフト、デジタルシフト、リージョナルシフトの方向性を加速化を目指すとのこと。
この方向感は、正しいと思いますので、今の組織図を大きく変えて徹底させて欲しいと期待しています!
岡田現社長は代表権のある会長となるという点では、ヘゲモニーを握っている状態は変わらないだろう。
創業家出身の岡田社長が代表権のある会長に就任予定。後継者はイオンモール社長の吉田氏が社長に昇格するようだ。
イオンフィナンシャルサービス株式会社は、イオンの子会社で、イオングループの金融事業を統括する金融持株会社(中間持株会社)である。 ウィキペディア
時価総額
3,890 億円

業績