• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

蔦屋書店、今年上海に出店 中国「ネット人気」書店競争に参入

www.afpbb.com
146
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

注目のコメント

  • 日中産業研究院(東京&北京) 代表取締役

    中国の大都市では、滞在型の大型書店が流行ですね。
    国民の読書時間が少ないことから、政府が奨励し補助金が出るそうですが、蔦屋もその恩恵があるのでしょうか。

    中国では外国の本の販売はかなり限定されるし、本の価格も低いので、書籍販売以外で収益化しなければならないでしょう。

    蔦屋さんのビジネスモデルに注目です。


  • badge
    オアシスティーラウンジ 代表取締役

    昨年北京に視察に行ったんですが、中国は本当にリアル書店ブーム。『最も美しい書店』と呼ばれる鐘書閣はハリーポッターさながら。劇場をリノベした“シェア図書館”(読まなくなった本を寄付する形式)とかも素敵な空間でした。
    デジタルで何でも読める、買える事の反動とも言われるアナログ書店ブーム。単に有名建築家を招聘するのとかはちょっと違うと思うんですが、空間からつくられる世界観って、やっぱり大事だし、でもってやっぱり紙の本はワクワクする。
    空間としては既に競合環境結構激しいと思うので、どう個性を出していくのか見所。


  • badge
    講談社 宣伝統括部担当部長

    これは楽しみ。
    レポートを待つのではなく、自分で現地レポートしたい笑
    CCCの増田宗昭さんはインタビューなどで、以前から中国展開を語っていたので、複合的な展開があることでしょう。
    そして、浙江省杭州市といえば、アリババ創業者であるジャック・マー氏ゆかりの地。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか