新着Pick
35Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ソレイマーニー司令官の殺害と一緒にイラクのシーア派民兵の指導者も殺害されており、シーア派民兵たちは引き続き報復の意図を持っているはずです。
 イランも国家としての報復はあのミサイル攻撃でひとまず完了ですが、対米抵抗をやめた訳ではなく、これまで通りの非正規戦で戦いを継続させてくると思われます。
 この種のテロや他の嫌がらせ工作は今後も発生すると考えるべきでしょう。
イラク・バグダッドの米国などの大使館があるグリーンゾーンにロケット弾2発が打ち込まれたとの報道。