新着Pick
760Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「サンズ(Sands)、もう見ましたか?」。CESでは、そんなやりとりをする人が、ここ数年でぐっと増えました。

街全体がショールームになるCESですが、現地ではベンチャー企業やスタートアップが作った、楽しくも、不思議な製品が星の数ほどならぶ会場に多くの人が集まるようになりました。IoTやAIのテクノロジーを、ますます多くの起業家が、製品として具現化するようになっています。

NewsPicksはその広大なスタートアップブースを歩き回り、思わず衝動買いしそうになったガジェットを合計10個選びました。人工知能で勝手にモスキート(蚊)にレーザー照射をしてくれる機器から、抹茶のエスプレッソマシーン、ソフトバンク・ビジョン・ファンドの出資先の技術をつかったスマート野菜栽培まで。

「それって、値段はいくらするですか?」と、未発売品の値段も聞き出して、ここにレポートします。みなさんが自腹で買いたいものがあるか、ぜひご判断を...。
CESにはものすごい数のスタートアップがあるのですが、Eureka Parkには、国別でブースが別れています。

特徴ある企業、お国柄が見える企業を発見するのはとても面白いです。たとえば、取材した中では、「イスラエルに湿地が多くて蚊が発生してしまう」というペインポイントから生まれたスタートアップ、またフランスという香水の歴史ある国から出た、世界初のスマートディフューザーなど、その国ならではのペインポイントや強みが現れています。

特に頑張っているのはフランスです、そして日本も和を生かしたプレゼンで、力を入れたブースになっていました。
Unitree社(北京)の四足歩行ロボ(AlienGoやLaikago)は,昨年末の国際ロボット展でも展示されていましたね.
大きなサイズの四足歩行ロボLaikagoは,3~600万円とのことでした.

ボストンダイナミクス社のbig dogやSpotMiniとデモ動画までそっくりなのは有名.

蹴りをものともせずに前進し続けられる中国のスタートアップが開発する四足歩行ロボ「Laikago」, 2018年03月18日 Gigazine
https://gigazine.net/news/20180318-laikago/
【Vixen Matchaについて】
先日、海外からチームメンバーが来日した際に、チームビルディングアクティビティとして抹茶テイスティングをしました。
2時間で30種類の煎茶、抹茶、ほうじ茶を試飲。
茶葉によって熱湯の温度や蒸す時間などを変える担当者を見て、感動していました。

昔、抹茶の輸出増のプロジェクトに取り組んでいた時、海外で飲まれている抹茶のほとんどは煎茶であることにショックを受けました。
正しい美味しい抹茶の飲み方が広まるので有れば、日本の経済、文化戦略的にも重要な商品。
フランス発「香りの魔法」で、香りをその人の気分や音楽に合わせてAIが自動で調合するというのならおもしろい。さらに、物理的に遠隔にも香りを届けられたらユニーク。けれど単純に混ぜ合わせてデフューズするだけでこの価格は高いな。
正式オープン1日目の7日午後に3時間でLVCC North, Central, South Hall, Westgateを凄まじい勢いで駆け抜けて見て回りました。Sandsは明日見ますが、ここで紹介されているAliengoは確かにBostonDynamicsのあの犬ロボと同じ動きをしてました。何かカラクリがあるはずですが、警備ロボとしては激安ですね。
デモの仕方が街角で操り人形売ってるおじさんと変わらないのでそれ以上深追いしませんでしたが(笑)
こうしたハードウェアスタートアップ製品の成功の鍵の一つは、試作品から量産設計の過程でいかに製品価値を維持しつつ、製造コストを下げられるか、なんですねぇ

と、先学期 design for manufacturing の授業のイントロで言ったら、学生さんの興味レベルがドーンと上がりましたねぇ (そのままでは比較的地味な内容なので工夫しないとなんです)
ドラえもんの4次元ポケット感満載のプロダクトもありますね。個人的にはCuzenMatchaが欲しい。個人用ではなくオフィス用
"抹茶の葉をその場で挽いて、わずか2分ほどで、水出しの濃い抹茶を飲める。もちろんミルクを入れて飲んでもおいしい"
これは、後藤さんと洪さんならではの視点ですね。他のCESレポートで、こんなのを見たことはありません。

「ほぉ!」という、ちょっとした感動がつまっていますね。楽しいです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
裏にはいろいろすごい技術があるんでしょうが、Problemを感じないとSolutionをみても興味がわかないんだなっていうことを改めて消費者目線で感じました。

という中で言うとbzigo(ビジゴー)かな、と思いました。室内にいる蚊やハエなどの位置を捉えて、追跡をする。自分でたたきに行かなところはありますが、夜寝室で蚊の羽音を聞いていらいらするのを減らしたい。