新着Pick
1049Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
いまパリに来ていますが、こちらも連日、テレビ、ラジオ、新聞でゴーンさんネタが報道され、フランス人に会えば必ずゴーンさんのことを聞かれます。

違法脱出劇を支持する割合が高いとの海外紙の報道もありますが、良識あるフランス人ビジネスパーソンの印象は「ゴーンさんはセコい」でほぼ一致していますね。

有価証券報告書虚偽記載や特別背任が成立するかは裁判の結果を待たないと真相はよくわらかないものの、日産とルノーを私物化したのは間違いないと考えています。

反政府デモが続いているレバノンでもゴーンさんが英雄視されていたのは今は昔、最近では金持ちに対する反発が強く暗殺されかねないという噂まであり、フランスへ行くのでは?という情報もあります。

私の弁護士の知人によると「フランスへ入ったら日産のケースと同じでルノーの私物化で立件される可能性が高いからそれは難しい」とのことでした。

また、フランスで労働法に強い弁護士によると、ゴーンさんはコストカットをするだけで日産でもルノーでも新しいものを何も生み出していない。そのかわり、コストカットで社員にかけるプレッシャーが強すぎてひどい。それで、メンタルに異常を来して自殺した人がたくさんいるとのことでした。

個人的には社内で誰もできなかったタブーに切り込んで日産を再生させた実績に対してゴーンさんを尊敬していましたが、セコいなあという印象が拭えません。

顕になった彼の人間としてのセコさに愛想を尽かした。
フランス人も日本人もこんな思いが強いのではないでしょうか。
2時間半に及んだ会見ではあったが、自分なりにまとめると以下。
①容疑がかかっている事案については、記事にもあるが新しい話はほとんどなく、また取締役がチェックしたりサインをしているという部分に依拠した説明。一つ、サウジについては競合他社より低いと妥当性の主張があったが、具体の比較した数字はなかった
②特捜部による逮捕・取り調べ、メディアリークなど、ゴーン氏が「不正義」と主張する内容の国際世論へのアピールが多かった
③全般に感情が先行し、論点整理があまりされていない説明ではあった

海外主要メディアの見出しは以下、和訳は自分によるもの。いずれも主張というより非難・叱るといった感情のニュアンスの単語を使っていること、また元の疑義より逃亡や司法についての言及。
WSJ:Carlos Ghosn Berates Japan, Nissan in First Public Remarks Since Jumping Bail(ゴーン逃亡以来初めて公の場で日本・日産を激しく叱る)
Bloomberg:Defiant Ghosn Invokes Pearl Harbor, Shows Fabled Brashness(開き直ったゴーン、真珠湾攻撃になぞらえ知らぬ間に様々な話がでっち上げられたと主張)
BBC:Ghosn: Decision to flee was hardest of my life(ゴーン氏:逃避行は人生で最も困難な決断だった)
CNN:Fugitive ex-Nissan boss Carlos Ghosn blasts Japanese justice. It was escape or 'die in Japan'(逃亡した元日産のカルロス・ゴーン、日本司法を非難、逃げるか「日本で死ぬか」の決断だった)

ゴーン氏として強みがある部分は、容疑ではなく司法プロセスや、そこへの国際感情。ただ、見出しを見ていると、やはり感情が先行したという評価になるように自分は思う。
行為に対して適切な容疑・司法プロセスだったかは、自分も疑問符はある。一方、無罪を主張するなら根拠で説明して欲しかった。特に本人の意見と、法律上の根拠と、経営者としての評価(ステークホルダーに支持される行為か)は異なる。それらを分けて主張して欲しかったが、そうではなかったから様々な報道から考えたい。
中継を見ていてゴーン氏が怒っていることはわかりましたが、論点が掴みにくい会見でした。確かに今回の一件で、日本の司法制度の歪みが露わになり、個人的にもそのいびつさを再認するきっかけになりました。

ただ、会見の中でゴーン氏の無罪を証明する材料はあまりに少なかった印象で、まだまだ騒動は長引きそうに感じます。ゴーン氏が今後、レバノンから証拠を小出しにする中で、日本の検察がどう対応するのかは興味深いです。

ちなみに質問の最初にネットフリックスとの契約を聞かれ、即座に「ない」と答えていたのが、最も記憶に残っています。
結局たいしたことない会見に終わったが、逃亡したことを置いておいて、あらためてこの事件の経緯を見てみると、有価証券報告書への虚偽記載などという経済事案に対して外部との接触を断った拘留がこれだけ長い間できるというのは異常だし、その期間中に出てきた送金の話についても、今さら証拠隠滅できるような話ではないから拘留の正当性はよくわからない。
何しろこれだけの経営者がこれだけのことでこれほど自由が束縛され、拘留されるこの国は、なんだか怖い。さらにそこへ内部告発という民族主義的な身内の裏切りがあるわけだから、これでは外国人の優秀な経営者が日本企業に来ることへの大きなブレーキとなるだろう。
日本の大企業の衰退は止まらないな。
稀代の名演説家だなあと思いなから観てました。日本の司法側に、これと同等に渡り合えるスポークスマンがいない限り、世界の世論がゴーンに味方しても仕方ないように思える。

日本の司法制度の問題点があからさまにされ、日本がこの分野で後進国の域を出ないとの認識が拡がったのは日本にとって明らかにマイナスでしょう。

ただし、容疑の中で特別背任については、通常日本の検察も慎重に立件するものなので、検察側にはそれなりの裏付けがあったと見るべきで、もしそれを覆す事実があるなら裁判の場で堂々と主張すべきだったとも思う。また、如何なる司法制度であれ、保釈条件に違反する、違法な逃亡は許されるべきではない。カネに任せての逃亡は、嫌疑をかけられている特別背任、報酬の過少申告、公私混同を想起ささせ、人間としての品性に疑問符がつく。

最後に、昨日のコメントの繰り返しになりますが、本件ボタンの掛け違いは、日産のコーポレートガバナンスの欠如によって起きたものです。当時の取締役会、特に社外取締役の責任は重い。→https://newspicks.com/news/4522194/
被告人カルロス・ゴーン・ビシャラの記者会見について(コメント)
http://www.kensatsu.go.jp/kakuchou/tokyo/page1000001_00015.PDF

こんなのが東京地検から発表されていたのですね…
知りませんでした。

今回のことで思うのは、この件に対する個々人の考えや感情にひらきがあって、建設的な話になりにくくなっている、ということ。

これは、個々人が持つ情報のインプット、インプットされる情報のバイアスかかり度合いに、あまりに差がありすぎるから、なんだろうな、と想像します。

国際社会の反応、司法制度の実情、考え方、背後にある歴史…
私たちは多くのことをバイアス抜きで知らないといけないのだと思います。
「日本で法律違反をしたことは問題かもしれないが、そもそも検察は、その10倍は法律を破っている。彼らは情報を外部にリークしてはいけないという日本の法を破って、メディアに伝えている」

後者の方は日本の司法の問題として取り組むべき。こうやって世界のメディアに発信されたこともあり。

一方、「日本で法律違反をしたことは問題かもしれないが」の部分はどうするの?発表したし、気が済んだら戻ってくる気?このもみ消しは認められませんよ。
日本のメディアは閉め出されると聞いていたので見れないと思ってましたが、ニコニコとテレビ東京では中継があったので、かなりの時間生で見てました。かなり感情的な論理展開で、論点もあちこち飛び、そして何より長い会見だったので、まとめはありがたい。しかし、よくしゃべるなあ、というのが最初の印象。記事にもあるとおり、容疑に対する反証があったわけではないし、事前に言われていた「日本政府関係者」の実名はなかったし、「自分も悪いが日本の司法はもっと悪い」的な主張だったのであまりサプライズはない会見でしたね
金と権力があれば、なんでもできる。ゴーンさんのスタイルは今回の逃亡劇でもそれを強く感じます。自分だけが正義で、反対勢力は悪。

保釈中に逃亡するというのは、刑が確定されるという恐れを感じていたから。つまりは、自分が法律を破っていることを認めたことになります。
事実や正当性とは別に、雄弁さが伝えるものがある、と感じさせられる会見でした。
大切なのは、これを受けて、国際世論がどう動くか。
日本の世論には、本人はもはや興味なしでしょう。
この連載について
今、知りたい注目のニュースの真相から全体像まで、やさしく徹底解説。プロピッカーや有識者による対談、オピニオン寄稿、直撃インタビューなどでお届けする、NewsPicks編集部のオリジナルニュース連載。
日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英語: Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は日産(Nissan)。北アメリカやヨーロッパなどの50か国では高級車ブランドのインフィニティ(Infiniti)、また新興国向けには低価格ブランドのダットサン(Datsun)を展開する。 ウィキペディア
時価総額
1.96 兆円

業績