新着Pick
185Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今は-600円近くなっていて、2万3000円割れ。
ダウ先物も終値から-400ドル下落しているなかで、グローバルリスクオフモード。リスクオフの株売り・債券買いで10年債利回り10bpsほど低下の1.72%(ただリスクオフの時にはもっと進むこともある)、ドル円は108.5円→107.65円と1円近い円高(9時35分時点)。
イランによるアメリカ軍基地の攻撃を受けた円買いに巻き込まれる形で、日経平均が大幅に下落しています。
昨日までは中東リスクは一定程度織り込まれているような動きを示していましたが、やはり実際の戦闘行為が始まると市場には大きな影響がでています。
経常収支が黒字で外国に350兆円もお金を貸していて取引量も多い流動的な円は安全資産、原油を中東に依存していて原油輸入が止まったら高齢化した農村ではコメさえ国内で作れない日本の株はリスクが高い、という構図かな・・・ (・。・;
株と共に円も売られるようになったら我が国は大混乱。円高・株安は辛いけれど、まだしも安心な構図です、たぶん (^^;
イランがイラクの米軍基地攻撃しちゃいましたからね。
ドル円も再度107円台突入です。
このまま戦争が泥沼化してしまうと第三次世界大戦とは言いませんが、リーマンショック以来の大不況の引き金を引くと思います。
米中貿易戦争の落としどころが見えてきたところだけに残念です。
なんで、イランのソレイマニ司令官を殺害したのか未だに理解できません。
全てが水の泡になりそうです。
まだ始まりに過ぎない。
乱高下を繰り返しながら落ちていくでしょう。
徐々に下げ幅縮小とはなっています。しかし、延期されたトランプ大統領の演説がいつになるか見えないかぎり、リスクオフ解除とはなりにくいでしょう。資本市場は、しばらくは演説内容からトランプ氏が報復をするかが見えるかに注目しているようです。心が痛いです
日本は中東に原油の9割を依存しているので、中東情勢が悪化すれば、原油価格が高くなり、日本の製造業を直撃しますね。

アメリカは世界最大の産油国なので、中東からの原油供給が減り、価格が高騰すれば、自国の利益に繋がりますね。
しばらく手元の投信のパフォーマンスは見ないことにします、というか、そういう次元の心配をしている場合でもない可能性が否めない…
戦争は買い