新着Pick
4Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今や日本だけの現象になった「low for longer(低金利環境の長期化)」の下では、既存の政策手段の発動の余地が限られること自体は、記事の通り避けがたい事態です。

そうした下で政策手段のイノベーションに努めることはもちろん大事ですが、同時に大きなショックが生じないように注意することも劣らず重要だと思います。いわば、体力がないので、病気にかかると重病化したり、持病になったりしやすいからです。

その意味では、言うまでもなく金融面でのストレスを溜め込み過ぎないようにすることが肝要であり、政策手段の選択にもこうした視点への配慮が必要だと思います。