新着Pick
228Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アメリカが悪との報道がメインの中で、1つの視点を提供するならば、米軍が殺害したソレイマニ司令官が支援していたカタイブ・ヒズボラが11月と12月の2ヵ月間で、米軍施設とアメリカ大使館に対して何度も攻撃を仕掛けていたという事実が実際にBBCなどで報道されており、アメリカとしては自衛のためにやった、という見方ができます。

これ、放っておけばもっとアメリカの関係者が命を落とす可能性があったとするならば、それを防ごうとするのも国益に叶うとする見方だって筋は通ります。

個人的にはアメリカのやったことは許されることではありませんが、この司令官がやってきたことも国際法違反です。これをどう捉えるか、ですね。
アメリカは本当に恐ろしいことをしたんだな、と今さら実感している米国民も多いと思います。
最悪の結果にならないことを切に願います。
先ほど、WSJ英語版で、35人の死者が出ているとのプッシュ通知が来ました。

ソレイマニ司令官の葬儀は、各地で行われていますが、熱狂的な人気と見ることも出来ますが、反米トレンドがここまで強いとも言えると思います。

イスラム教が国家を支配している場合、正義、悪、善の認識が西側諸国とは、基本的には相容れないところがあります。
一方的に一方の価値観を否定していては平和は成立しないわけです。

アメリカがいう予防的殺害というのが、国際世論的に許されるのかどうか?ではないでしょうか?
アメリカの予防的殺害の判断基準は、イスラエルに寄っているように個人的には感じますが、殺害するリスクと殺害しないリスクを比較して、殺害するリスクの方が世界全体で大きければ、それはやはり間違っていた判断だと私は思います。

イギリス、ドイツ、フランス、国連と、両国に自制を求めるメッセージが出させていますが、今のところ、アメリカに肩入れしているというより、ニュートラルに感じます。
数百人が参列しているようで、混雑のため人々が相次いで転倒、報道によると35人の死亡者がでているようだ。さらに被害が拡大する可能性もあるという報道もある。
ソレイマニ司令官の葬儀は数百万人が参加。混雑のため人々が相次いで転倒し、40人が死亡、200人超が負傷。とんでもないことになってるな…
全ては軍需産業/石油産業/選挙のためと考えると、人類の業の深さを感じるよなぁ。
数百万人て、香港のデモよりもすごい人数ということ、、、
令和2年、平和の祭典は世界の人々にメッセージを届けられるのでしょうか、、、