(ブルームバーグ): 米国によるイラン革命防衛隊の精鋭部隊司令官殺害への報復として、イランは米国にとって「歴史的悪夢」となるような13のシナリオを検討している。7日にはソレイマニ司令官の葬儀のために集まった群衆が暴走し数十人が死亡する惨事となり、埋葬は延期された。

シリアやイエメンでの戦績で国民的英雄となっていた同司令官の遺体が今週、殺害現場のイラクからイランへと運ばれるところを数十万人が沿道で見送った。埋葬が行われることになっていた同司令官の故郷のケルマンでは、殺到した群衆が暴走し40人が死亡、213人がけがをしたと国営テレビが7日報じた。国営イラン通信(IRNA)によると、埋葬は無期限に延期された。

イランは報復として13のシナリオを検討していると表明。ブリュッセルではフランス、ドイツ、英国の外相が緊急会合を開き緊張緩和の選択肢を模索する。

半国営のファルス通信によれば、イラン最高安全保障委員会のシャムハニ事務局長は、13シナリオの中で「最も穏やかなシナリオでイランがまとまったとしても、その実行は米国民にとって歴史的悪夢となり得るだろう」と言明した。「現時点でこれ以上の情報をメディアに提供することはできない」と付け加えた。

イラン当局者らはこれまでに、中東に駐留する米軍が標的となると述べている。イラン議会は7日、米国防総省と関連企業をテロリストに指定した。米国は中東海域を航行する船舶に対し、米国の利権に対するイランからの攻撃の可能性を警告した。AP通信が米国の声明を基に報じた。

イランのザリフ外相は7日、革命防衛隊「コッズ部隊」ソレイマニ司令官の殺害に対して「イランが選択した時期と場所」で米国は代償を支払うだろうとテヘランで語った。米国の中東からの撤退に向けたカウントダウンが始まったとし、中東が米国の存在に頼り続ければ何世代にもわたる戦争となるだろうと警告した。

原題:Iran Says Its Retaliation Will Be ‘Historic Nightmare’ for U.S.(抜粋)Death Toll Rises in Stampede at Soleimani’s Funeral: Iran UpdateIran General’s Wake Brings Deadly Stampede and Calls for Revenge

記事に関する記者への問い合わせ先:イスタンブール Benjamin Harvey bharvey11@bloomberg.net

記事についてのエディターへの問い合わせ先:Benjamin Harvey bharvey11@bloomberg.net

©2020 Bloomberg L.P.