新着Pick
359Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
本記事の内容に対して、半ば賛同するものの、半ば強い違和感を感じました。

本記事のポイントは、下記の3つの質問に対して、「YESの数が多いほど現時点での金融リテラシーは低く、反対にNOの数が多いほど金融リテラシーが高い」という点です。

・1万円を投資と貯蓄のどちらかに回すとしたら、迷いなく貯蓄を選択する(YES / NO)
・借金は悪いことで、すべきではない(YES / NO)
・大きな財産を築くには、一生懸命働くしかないと思う(YES / NO)

この質問全てにNOと答えると金融リテラシーが高いということですが、その主張はやや短絡的であり、もう少し慎重な議論が必要です。その理由を説明します。

金融リテラシーにおいて最も大切なことは、複利やリスクなど金融の基礎的な概念を正しく理解しているかどうかです。例えば、「少額で借金しても金利が高ければ、やがて借金が雪だるま式に増えてしまう」ということを理解しているかどうかが重要です。

こうしたリテラシーは客観的に測定可能です。例えば、日銀は毎年、大規模なテストを実施して日本人の金融リテラシーを測定し、国際比較しています。

金融リテラシーにおいて2番目に大切なことは、こうして客観的に測定されたリテラシー(理解度)と、本人の自己認識にギャップがないかどうかです。ギャップがある場合、すなわち、自分自身は金融リテラシーが高いと思っているが、客観的に測定してみると金融リテラシーが実は低い場合には、金融詐欺の被害者になりやすいことが、やはり日銀の調査でわかっています。

このような観点から、本記事を改めて読んでみると、金融リテラシーとして本人の自己認識しか測定していません。本記事の3つの質問全てにNOと答えても、それはその人の主観的な金融リテラシーが高いことを意味するだけです。もしもその方が客観的にはリテラシーが低い場合に、むやみに投資や借金を推奨すれば、最悪のケースでは「借金して、詐欺的な商品に投資して失敗し、借金だけが残る」恐れすらあります。

一口に投資や借金といっても多種多様です。本記事の問題意識それ自体には強く賛同するものの、金融リテラシーについて論じる際には、もう少し慎重さが求められるように思います。
金融リテラシーは学ぶものではないと思います。
経験しながら身につけるものだと思います。

お金とは、人生の岐路に立った時、自分に選択肢を与えてくれるものなのですから、
管理して、増やすことは自由を得るための活動と言っても過言ではないです。

今は、インターネットで情報も集められ、口座も作れるので、金融に触れることはたやすくなっているので、
お金を増やして、自由を得るための活動をしたいかどうかだと思います。
金融リテラシーを身につけるポイントが挙げられてます。収入が限られている人ほど必要な知恵。
記事のポイントも大事だけれど、その一歩が踏み出せず、継続出来ないからみんな悩むわけで。
手っ取り早いのは、記事中の「横並び行動バイアス」の通り、金融リテラシーを身につけようとしている人たちのコミュニティに属することでしょう。。。
現在価値と将来価値・リスクとリターン・ポートフォリオ理論
この三つの感覚は理解しておくべき。
そうすれば自然と視点やアクションが変わるはず
株式会社新生銀行(しんせいぎんこう、Shinsei Bank, Limited)は、東京都中央区に本店を置く普通銀行である。 ウィキペディア
時価総額
3,323 億円

業績