新着Pick
80Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私たち日本人は戦争というと第一次、第二次世界大戦の様な国家総力戦を思い浮かべ、買っても負けても膨大犠牲者と損失を被る戦争は誰も望まないと考えがちです。

しかし現代の戦争の大半は戦場を限定した局地戦で、そこには特定の政治意図があり、その意図を実現する為の手段として軍事行動が選ばれます。

従って現代の戦争にはそれを望む何者かが必ず存在します。
そしてその政治意図が達成されるか、あるいは達成不能になると収拾するのが通常です。
だから20世紀型国民国家のナショナリズムのぶつかり合いを想起すると、世界情勢を見誤る可能性が高いのです。

戦争は実際の戦場は悲惨なものですが、少なくとも実行者の中では無思慮で無計画な殺戮でなく、明確な政治意図と目的をなす為の軍事行動の連続にほかなりません。

当事者の意図に反して状況が悪化し、ズルズルと戦争に巻き込まれていく、というのは歴史的にももちろんある事ですが、表面的にそう見えてもそうなったにはそうなっただけの理由があり、それを意図した勢力も大抵存在するものです。

誰が何の目的で軍事行動を望んでいるのか。
戦争の賛否は別として、冷静にその分析をしないと国際情勢は正しく理解することができないと思っています。
因みに情緒的なタイトルに反して、本文の方は相応にきちんと分析をされていらっしゃいます。
この一件ではイラクはとんだとばっちりを受けていますね。殴りあうならお互いの国同士だけでやってくれと思っているイラク国民は少なくないでしょう。

戦争勃発を最も恐れているのはサウジアラビア。既にイラン側からも攻撃対象としてその名が挙げられている通り、これまでイランに対して敵意をむき出しにしてきた同国にとって、本当に戦争が始まれば、国内で”米軍への協力関係を疑問視”する勢力が元気付くでしょうし、下手をすれば反政府デモなどに発展しかねません。同じことはイラン系を多く抱えるUAEにも言えます。

"Saudi Arabia appeals for calm after killing of Iranian general"
https://www.reuters.com/article/us-iraq-security-saudi/saudi-arabia-appeals-for-calm-after-killing-of-iranian-general-idUSKBN1Z5170

記事にある通り「誰も望まない戦争」なのですが、何がきっかけでタガが外れるかは誰にも判りません。
イラクがとんだとばっちりを受けていたのかというと、そうではない見方もできて、大使館への攻撃は本来ならば国際法違反であり、原則に則れば、イラクの警察や軍が対処・防衛しなければならないことになります。

でも、実際にはイラクの警察も軍もまったく無反応だった、と報道されています。恐らく、バックに亡くなった司令官を含め、イランの影響があったんだと推測されます。

そうすると、たらればの話になりますが、イラクが動けていればこのような事態にならなかった、とも言えると思います。
イラン側からアメリカ側に、「核合意に復帰して経済制裁を解除すれば報復はしない」とディールを持ちかけたらどうなるんだろ。そもそもイランはそんなディール持ちかけないか。百歩譲って持ちかけたとしてもアメリカがまっさらごめんと断るんかな。