新着Pick
626Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
CES ソニーのプレゼン
車は正直なところ、BYTONの二番煎じに見えてしまうのと、車体、チップ自体はBOSCHなどからですから、これをわざわざSONYで出さなくてもいいのではと思ってしまいました、、
連合の中で一番知られているブランドがSONYだからという事でしょうか。
なぜかiphoneが登場直前にNECの携帯がデザイン家具メーカーfrancfrancと提携をしたのを思い出しました。
センサー自体は良いので、そのデータ連携とかが出てきて欲しいという印象です
そりゃこうなる。これから自動運転によって車内はエンタメ空間が必須になるわけで、SONYからしたらリビングの次くらいに大切なマーケットになるでしょうね。しかも車メーカーとは全く違った視点で空間作りをしてくるだろうからイノベーション起きやすい。
興味はただ一点「誰が車体プラットフォームを提供したか?」です。

搭載する電子機器やセンサー類とはレベルが違う技術と製造が必須となるので、自動車メーカーか、カスタムカーショップのサポートがないと厳しいでしょう。

最初にSONYがカメラに進出した時には「えっ?」と思いましたが、今は全く違和感がありません。しかし、カメラは、あくまで家電製品です。

果たしてSONYに「クルマをつくる」意思があるのか否かはわかりませんが、もしつくるのであれば、大きな挑戦ですね。

本気で考えるとしたら、当面の課題は大規模な設備投資でしょうね。NIOもBYTONも、そこで苦労しています。SONYは、スタートアップでない分、資源をもっているという優位さはありますが…

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
まあ走る家電に過ぎないからね。でもやるからにはやり切って欲しい気がする。最近のプロダクトはみんな中途半端だから。
ソニーという会社は人命に関わる製品には関与しない方針を貫いているものと認識していました。
ここに来ての宗旨替えやに見える発表の背景が気になるところです。
こういうニュースを見た時に,「車」としてのデザインや性能に目がいってしまうのが,悲しい性なんでしょうね.
スマホの次は、ウェアラブルと車と家の中が主戦場になり、各社がどの役割を担うかを試行錯誤している。ソニーはテレビやウェアラブルの領域は展開中で、自動車の車内の空間に、ディスプレイやアプリケーションを提供して既存のコンテンツ領域とシナジーを持たせていきたいのでしょう。自動車、電車、飛行機のディスプレイ領域をソニーがとれると新しい展開になりそうですね。
EVを売りたいわけではなく、新世代の自動車は社内でどのように楽しく、快適に過ごせるのかというビジョンでしょうか。個人的にはホンダと組んで欲しかったw
ほぉぉ、出てきましたね〜〜!!
とにかく、車全体を包括してデザインして欲しいですね。
サプライチェーンのしがらみに苦しめられて、がっかりするような仕上がりにならないように、外観も内装も統一感のあるデザインにして欲しいものです。
ソニーさんには期待したいな〜〜〜。

つい先日、とあるデザイン会社のCEOから、日本車の内装のデザインの闇を聞いたばかり。
スピードメーター・時計・エアコン・各種スイッチetc...全部デザイン会社も違えばパーツ会社も違うとか。
そりゃごちゃごちゃして魅力のないデザインになりますよね。
SONYという、認知された強いブランドを持ちながら、SONYロゴはセンターコンソールのみというのが印象的。それ以外はおそらく自動車専用かこのVISION-Sに由来する「S」のロゴが中心。
市販を意図したものではないと思う。一方で、コンセプト・未来を実現していくなかで通信や電装技術の重要度が高まり、それを担っているのが部品メーカー。そして直接の顧客は完成車メーカーでも、最終顧客に未来を訴求していくという観点でプロトタイプを作ったのだろう。
クアルコム (英語: Qualcomm, Inc.、ナスダック: QCOM) は、アメリカの移動体通信の通信技術および半導体の設計開発を行う企業。 ウィキペディア
時価総額
8.32 兆円

業績

業績