新着Pick
201Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ちなみに、2019年6月期から純資産がマイナスの債務超過状態になっている。でも737MAXのインシデント前から四半期単位ではそうなることもあった。
巨額の受注を背景とした安定的で見通せるCFがあったので、そういう財務戦略も可能だった(日本と違ってそれで上場廃止になるわけではない)。
ただ、737の納入が止まるなかでは、足元は意図せざる膨らみ方になっていると思う。四半期では営業CFもマイナスが膨らんでいる。年間で100~150億ドルの営業CFを埋める会社だったが直近四半期は-25億ドルのマイナス。これまでは納入できない中で生産平準化のために作り続けていたので、キャッシュアウトが多かった側面もあったとは思うが…
737MAX墜落の巨額補償は当然ですが、
それよりも内部で737MAXに問題があると分かっていながら販売した罪はかなり重いと思います。

現在調査中なのでこれから先の話でしょうが、二度とこのような事故が起こらないよう企業体質を改善してもらいたいです。
最高のプライオリティをおかなければならない「安全」が蔑ろになっていたので、不可避なのは当然ですね。
今後、どのような形で経営がなされるのか、非常に注目しています。
軍事や宇宙開発にも深く関わっていて、そう簡単に潰すわけにはいかない会社でもあるし。

あるいは、ここで他の中小型機専門メーカーが勝負に打って出てくるとかあるのかな?
いずれにせよ、アメリカという国の立場にも影響を与える事態ですね。
寡占の弊害、ガバナンスの欠如、過剰な株主還元。様々な論点が出そうなボーイング。マネジメント体制の再構築が(条件はわかりませんが)運転資金調達の前提だったのかと推察しました。補償問題、金額もありますが、時間軸も気になるところ。
心配しています 選挙前でもあるし動き速いかも、どちらに行くとしても
ボーイングが航空会社への補償が1兆6千億円上るという試算が出ているとのこと。
今朝は下記にて「ボーイングは現金留保に向け設備投資の一部先送りや買収凍結、研究開発費の削減なども検討している」とも報じられ、株価も下落していました。
【米ボーイング、債務による資金調達を検討=WSJ】
https://newspicks.com/news/4518272
エアバスもいるとは言え、旺盛な需要に対してエアバスの製造キャパは4年先まで埋まっているのです。受注残の中で納入時期を入れ替えるぐらいは出来るけど、抜本的な製造キャパの拡大は急には難しく、航空会社にとってはナローボディ機の調達コストが上がるのでは。リースでの調達が多い会社は厳しくなるかも
保険的にはBoeingのproduct liability、主幹事保険会社はGlobal Aerospace(Munich Re系)。
全然カバー足りなさそうですが

(2019年4月)
https://www.spglobal.com/marketintelligence/en/news-insights/latest-news-headlines/50924059
これはグローバル資本主義の短期的業績偏重ガー!というテンプレ的批判が当たってると思う。そうではない日本の飛行機も予定通りローンチ出来たかは別だが。。
まだ、IOTによる制御の検証も不十分、飛び恥の動きもあり、中東オイルもあり、厳しそうだ。
ボーイング(英語: The Boeing Company)は、アメリカ合衆国に所在する世界最大の航空宇宙機器開発製造会社。1997年にマクドネル・ダグラス社を買収したため、現在アメリカで唯一の大型旅客機メーカーであり、ヨーロッパのエアバス社と世界市場を二分する巨大企業である。また旅客機だけでなく、軍用機、ミサイル、宇宙船や宇宙機器などの研究開発、設計製造を行う。 ウィキペディア