新着Pick
9Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
興味深い統計分析です。質問したい点は色々ありますが、この結果は様々な立場の人にとって一考の価値があると思います。

また、 https://newspicks.com/news/4543765?invoker=np_urlshare_uid739558&utm_source=newspicks&utm_medium=urlshare&utm_campaign=np_urlshare に触れられている、Trump陣営のFBにおける巧みなマイクロターゲティング広告が如何にエコーチェンバー現象(「同じ情報ばかりに囲まれると人々の意見は補強され、過激化していく」)を生みだしたかという点とあわせて見ると、また一筋縄では行かない問題の複雑さが明らかになります。

以下は徒然なる調査へのコメントです
0.前提
・本件はインターネット調査を用いて行われています。アナログメディアとの比較が行われる中で、調査方法によるサンプルの歪みが生じていないともいえません
・年齢とネット利用度には、今日あまり関連性が無い可能性(インターネット調査に回答する時点でネットリテラシーの高さが窺えます)。ネット利用度と年齢による意見分断度合いを関連付けるのはやや無理があるかと

1. ネットメディアのクロス接触率(自分と反対の意見にも触れる人の比率)はTV・新聞のクロス接触率よりも高い
・つまりネットメディアの方が人々は多様な意見に触れている
・これはネットのエコーチェンバー効果に対する反証となりますが、上述の通り、エコーチェンバー現象はパッシブな形(ターゲティング広告)において生じている可能性

2. ソーシャルメディアを利用し始めた後に、分極化指数(意見が平均からどれだけ離れているか)の低下が観察される
・これも興味深い結果です
・6ヶ月後だけでなく1年後の調査も取れるなら、ネットの継続的な影響を見るという点で興味があります
・何故なら、ここに行動バイアスが影響している可能性があるためです。新しい行動習慣を取る(ネットメディアの利用を始める)時、「新しいことを始める」行動自体の心理的な(ポジティブな)バイアスが結果に影響を与えうるように思います