新着Pick
105Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
楽しみだが、あまり売れないとは思う。
入力する面にディスプレイをおくアイディアは、MacBookのファンクション領域のタッチキーや、確かAcerやASUSなどもタッチパッド兼用であったと思うが、インターフェースとして優れていないから受け入れられていないのだと思っている。QWERTYはじめ、ゼロから作るならよいインターフェースでなくても、慣れを超えられていない。iPhoneの全面タッチは根本から変えたが、なにかやるときには根本から入力だけでなく体験を買えるに至らないと変わらないように思う。
そして広げてキーボードを打つようなスタイルもできるが、それだったらタブレットやSurfaceといった代替オプションがあり、安い。色々なスタイルができることは魅力的なようで、案外それにお金を払う人は少ないというのが現実だと思う。
キーボードを装着したまま折り畳める構造は良いですね。これだったらカバンから出して直ぐ、9.6インチのノートPCとして使える。自宅やオフィス、スペースのある場所では開いて、13.3インチのより大きな画面サイズ。

普通の13.3インチノートPCよりも厚みは増しますが、折り畳めば9.6インチサイズで持ち運びが可能。ノートPCの大きさに合わせてカバンを選ぶ人もいる。カバンが大きくなっていく一方だったけど、ThinkPad X1 Foldだったらもっと小さなカバンでも問題無さそう。
電子書籍読むのにちょうどいいですね。世の中のカバンがさらに小さくなっていくかも。
個人的には「面積が倍でも、薄さが半分の方がありがたい」ので、あまり興味はありません。そういった方も少なくないのではないでしょうか?

そもそも、どのような市場ニーズから、この製品が生まれたのかが不明ですよね?加えて、コスト面と品質面でも、懸念点があります。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません

業績

インテル(英語: Intel Corporation)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く半導体素子メーカーである。 ウィキペディア
時価総額
25.0 兆円

業績