新着Pick
232Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
プレスリリースとnoteに”書かれていること”より、”書かれていないこと”を補完しながら読むのがリテラシーなのだと思います。
下記は退任に合わせての溝口氏のnote。追記部分が生々しい。
https://note.com/mizoguchiyuji/n/n2582b8092b36

以下完全に妄想。これまでもFiNCは資本を燃やし過ぎていた感はある。①は2018年4月の記事だが、その後9月に55億円ほど増資。足元がどうかは分からないが、50億円の資金調達と経営退任というのは、何らか資産になりうるものがあって、そこに価値を見出した投資家が、経営改革とのバーターで出資をしたという感じだろうか(一種直近のWeWorkへのソフトバンクGの投資と同じような感じ、今回の投資家が既存投資家なのかは分からないが)。
事業だけでなく経営トップの重要性が高いスタートアップへの投資で、創業トップの退任と大型増資というのは極めて珍しいと思う。
https://newspicks.com/news/2993198
https://newspicks.com/news/3328325
健康になるためアプリを使っている人をあまり見かけないため、大変なこともあるかもしれませんが、このタイミングでの体制変更には驚きました。
サービス内容がどのように変わっていくのか、変わらないのかにとても関心があります。
引受先が追記されていますが、
・アイザワ・インベストメンツ
・伊藤忠食品
・大正製薬
・テレビ朝日ホールディングス
・東芝
・日本メディカルシステム
・ピップ
と事業会社中心で全て新規の投資家となるみたいですね
(既存株主のフォローオンはなし)

とはいえ50億の大型調達は簡単にできるものではないので、頑張ってほしいです!
Realのないプラットフォームは、いくらテクノロジーが発展しても、決して"Real Platform"にはならないでしょう。
また、数字に囚われるよりもVanity metrics(虚栄の指標)かActionable metrics(次の行動につながる指標)かの見極めが重要に思います。Vanity metricsに惑わされずいかにRealなデータ分析から良質なサービスを提供できるかが、この分野をリードする鍵になることでしょう。

我々も西麻布のReal 300CLUB から虎視眈々とその座を狙っています。

資金調達はまだゼロですけど。
以前経営してた会社でアーリーアダプター的に導入したけど、あまり使われなかった。女性の多い会社の方が向いてるかもしれない。
退任の背景はいろいろと想像が膨らみますが、これだけ掘る事業をここまでやってこれたのは素直にスゴいの一言。
なんと。最初に知ったときから大幅に変化進化してたのですげぇ!と思っていた溝口さんが。ただ、周りに誰も使っている人、オススメしてくる人がいないので実態がわからんのは今でも。
株式会社新生銀行(しんせいぎんこう、Shinsei Bank, Limited)は、東京都中央区に本店を置く普通銀行である。 ウィキペディア
時価総額
3,266 億円

業績