新着Pick
98Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
全裸監督は1話1億円。グローバルに配信できる強み。ドラマではもう太刀打ちはできない。AppleやAmazon、ディズニーなどの黒船が日本を飲み込んでいく

ネットフリックスが19年にコンテンツに投じた費用は150億ドル。NHKの年間制作費の5倍。NHKと民放キー局の制作費を全て足しても、足元にも及ばない。日本のドラマは1本当たり数千万円程度、NHK大河ドラマでも、5000万~7000万円程度とされる。これに対しネットフリックスは10億円を超す作品すらある
映像のコンテンツのノウハウも、ワールドワイドで共有する流れに。一話いくら、という予算のことばかりが言われるけれど、この体制の変化の方も刺激的だ。
記事を読んだら、ローカルだけど、日本のドラマはコストパフォーマンスが良いと思えてくる。
日本実写のグローバル展開はそう甘くないと思いますよ〜。
日本のドラマってコスパ良いんだなとも思ってしまう。