新着Pick
411Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
グレタさんの主張や行動には賛否があるが、
自分の子が困難にぶちあたったとき、子が問題意識を抱きそれを解こうとしたときに、グレタさんのご両親のような寄り添い方をしたいておもう。障がいではない、違いであり個性。
違いはdifferenceでありwrongではない。
グレタさんに対しては賛否両論ありますが、どれだけ気候変動の象徴として利用されようと、信念を貫き続ける姿勢は素晴らしいと思います。

本記事では、グレタさんがなぜ活動を始めたのか。そのきっかけを家族が記した書籍の要約をお届けします。
グレタさんの行動への賛否以前の問題として学校には行くべきだと思います。議論をするには最低限の知識が必要ゆえ。それは周りの大人が言ってあげることだと思います。
グレタさんは「私ではなく、気候の専門家の意見を聞いてほしい」と口にする。彼女の活動を知った人は、支持する人も批判する人も、次は気候変動の実態と対策について記事や本を読むと良いでしょう。

それだけの関心を生み出して世界的な流れを生み出した彼女はやはり凄い。
子供といえども一人の個人。個人の意思が世界を動かしていることはとても驚きです。グレタさんの行動は、欧州中央銀行の新総裁ラガルドさんをして「中央銀行も気候問題を考えることが必要」といわしめました。

お金に色はついていませんが、自分の預けたお金が何に投資されているか、どんな人に融資されているのかを知ろうというムーブメントも広がりはじめています。
醒めた見方をすれば、彼女の特徴にあった居場所がそこにあったということ。たまたまそれが世界的に注目される気候変動問題の活動家であっただけ。

濃淡はあれ、発達障害の要素、特徴を持った人は世の中にたくさんいる。自分も家事が苦手で、特に空間上の何かを認識して対応する類いのもの(名も無き家事の類いに気づいて対応する、など)はダメ。
診療内科行ってみたら、社会生活に影響してないから診断はしないけど、ADHDとアスペルガーを示すスコアは出ていると言われました。なかなか家事を放棄するわけにはいかないですが、自覚すると仕事のやり方含めて工夫ができます。

話が逸れましたが、こういう背景を知ると、彼女のやり方の是非を論じることにはあまり意味がなくて、目の前の問題にどう立ち向かうか、という原点に素直に戻れますね。
フライヤーは本当に素晴らしいサービスです。全てを読むのはちょっと重いけどチラ見して知ったかぶりができます。しかも、勝手に読むべきものを選んでくるので今「要約だけでも知るべきこと」が知れる。何冊に一冊かは全文読みたくなる
もちろん、出版の売り上げと印税は地球温暖化対策に投資するのですよね!

ロンドン発で、CO2の削減だけではなく、CO2を吸収してしまう技術開発への投資ファンド設立に向けた、世界的なムーブメントが起きつつありますよ。
Make America Greta Again.
主張は正しいと思うし、すばらしい人とは思いますが、今のような攻撃的な姿勢を修正しない限り、ガンジーにもマザー・テレサにもなれないと思います。

周りの大人が正しい方向に導き、彼女の才能が発揮できるよう手伝うべき。今は、周りが振り回されてしまっている感じが強い。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
この連載について
世界のビジネス動向をリアルタイムで掴むには、邦訳を待たずして「洋書」を読むに越したことはない。しかし、日本人にとって英語本は高い壁だ。原著を読むための足がかりから、分厚い翻訳書のエッセンスまで。2020年、じっくり読みたい洋書を集めてみよう。