新着Pick
552Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
グローバルのテクノロジー、スタートアップ動向についてインタビューして頂きました。各国そうであるように日本には諸外国と違う独自の特徴があります。日本の最も顕著な特徴の一つは民も官もレガシーが大きいという事でしょう。
したがっていま世界で最も資金を集めているヘルスケア関連は規制や業界団体が強い日本ではアゲインストであるし、いまアジアや欧州を中心に本格台頭しつつあるサステイナビリティ系テクノロジーや地方問題解決型スタートアップも、行政や既得権益との調整コストの高い日本ではまだ多くありません。

しかし世界のトレンドは着実にそちらに動いています。再びこれらの分野でも日本が周回遅れ、と将来言われる事のないよう警鐘を鳴らす意味も込めてインタビューに回答させて頂きました。
2020年のテクノロジー地政学の見通しについて、プロピッカーでリブライトパートナーズ代表の蛯原健さんにシンガポールでお話しを伺いました。2017年から大予測シリーズに見解を寄せていただいていますが、毎年、見事にトレンドを的中させています。

2020年を読み解くキーワードとは何か。国際政治経済的なマクロ視点と、老舗ベンチャーキャピタリストとして数多の起業家と対話を重ねてきたミクロの視点が絶妙に交差する内容です。
個人的には行政、特に地方行政におけるデジタル・トランスフォーメーションが進むかどうかに注目したい。
意欲のある首長や若手の登用などが増えてきており、中央政権の老人たちにはとても思い付かないようなことが起こることを期待したい。

それから日産などの諸問題から、改めてビジネスエシックスの問題に焦点が当たることを期待したい。
資本主義は限界に近くなっており、ユニコーンの問題なども含めた資本の倫理の問題を考える一年になって欲しい。

SDGsはもはや当たり前と言えるくらいに言葉は普及したが、本当にそれを大切な価値観として自らの行動規範に出来る企業はどのくらい出来るのかが大きなポイントだろう。
いずれにせよ価値観の転換が始まる一年になるのではないかと思う。

それに乗り遅れてしまうと、一気に消えていくことになりかねないので、大きな注意を払う必要があると思います。
この領域は間違いなく盛り上がるけど、モビリティと比べても重く時間がかかる。スタートアップとしてはデジタルだけで完結する領域、VR/AR、ブロックチェーンが注目されると思う。リアルと連動するとネットワーク外部性が効かないし、利益逓増型にならないし、さまざまな既得権や規制があり時間がかかる。

今後は、「インターネットの外」におけるデジタルトランスフォーメーション、ソーシャルインパクト的な社会問題解決型スタートアップ、そして地方という3つの領域が重なるところが注目領域です。
BtoC領域についてはインターネット産業のホワイトスペースはだいぶなくなり、プラットフォームによる新たな独占化が進む中で、いままで以上に社会的な責任が求められ、国家からの関与も受けるようになってきている。政府や世の中、メディアとの新しい均衡点を見つけるフェーズに。一方でBtoBはまだまだこれからでDXはこれからが本番。

『大前提として、ポスト・インターネットの時代に入っています。インターネット産業の成長はすでに飽和気味です。
今後は、「インターネットの外」におけるデジタルトランスフォーメーション、ソーシャルインパクト的な社会問題解決型スタートアップ、そして地方という3つの領域が重なるところが注目領域です。』
「インターネットの外」におけるデジタルトランスフォーメーション、ソーシャルインパクト的な社会問題解決型スタートアップ、そして地方という3つの領域が重なるところが注目領域です。」BtoB領域だとまさに!
アジアでもコンプラや収益化重視になってくるとsurviveできるスタートアップは減ってくるかもしれないですね。嘘から出たまことにできるかどうか。紙芝居だけだと難しい。
ポストインターネット時代に入り、「ネット外のデジタルトランスフォーメーション」「地方」「ソーシャルインパクト」の3領域が重要になるとのこと。
ネット外の領域では、政治行政との関連が強まります。ただし、大手企業でもベンチャーでも、利益目的の企業との接触は、政治行政は慎重になるざるを得ません。社会問題解決そのものを目的とする非営利組織が、この領域で果たせる役割も多くあるように感じています。
いつも深い洞察を与えて下さる蛯原さんの記事。ポスト・インターネット時代に、テクノロジーがリアルと交差し、課題解決に向かう点を指摘されています。地方 x テック、SDG x テック。

とくに地方は、日本が世界に先駆けた「少子高齢化」という課題先進国にも関わらず、課題は地方に、起業家は東京に偏在しているミスマッチな状態。

既存のVCの機能拡張ではなく、時間軸やリターンに違うロジックを持ち込める投資家の存在も急務です。海外でソーシャルインパクト投資家は実際は大きなリターンを出しているという事実もあり、実は投資サイドも日本はこの辺りに大きなホワイトスペースがあるかもですね。
蛯原さん、とってもわかりやすく腹落ちする2020大予測ありがとうございます!

保護主義は不穏な空気もありますが、SDGsがトレンドになることは良い世の中になるわけで歓迎したいですね。

挙げられているポイントを常に頭に入れながら、世の動きを見ていきたいと思います。
さすが蛯原さん、すばらしい予測ですね、勉強になります。

プライベート資金調達が主流になったら、VCの人たちは、どうやって儲けられるのでしょうか?(素人質問でスミマセン)

スタートアップとしては、IPOで、口うるさい多くの株主からいろいろ言われるより、プライベート資金調達の方がうれしいのはわかりますが。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
この連載について
2010年代は、多くの大企業がビジネスモデルの変革を迫られ、新たな産業が勃興した。2020年代には、どんな変化が訪れるのか。先行きが不透明なビジネスの最前線を、有識者たちの予測で見通す。