新着Pick
344Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コメントにもあるように52箇所というのはカーター大統領時代のテヘラン米大使館人質事件との語呂合わせ。
つまり完全に国内向けのアピールですね。

実際にはペルシャ湾にいるアメリカの空母はハリーSトルーマンだけで、陸上兵力はイラクとクルド自治区にいる第25師団他5000人のみ。
トルコとの関係悪化でインジルリク空軍基地は使えないので、バーレーンの第5艦隊司令部、カタールのアルウデイド空軍基地、クウェートのアフマド・アル・シャービル基地、UAEのアル・ダフラ基地が実際に使用できる戦力ですが52箇所を一斉攻撃するには戦力が足りません。
つまり強気な言葉とは裏腹にイランの出方次第とはいえ、アメリカとしては今のところは本気でやりあう気はないということです。

一方でイラン側はアメリカとまともに戦っても勝ち目がないので、イラクのPMU(人民動員軍)や神の党旅団(カタイブヒズボラ)、レバノンのヒズボラなどを動かして非対称戦に持ち込み、同時に親イランのアバディ政権に働きかけて、イラク国内のアメリカ軍を追い出し、攻撃の正当性を失わせる作戦に出るのが定石だと思います。

以前にも触れましたが、(https://newspicks.com/news/4510939/?utm_campaign=np_urlshare&utm_source=newspicks&utm_medium=urlshare&invoker=np_urlshare_uid434633)
次はイランのターンで、まずイラク国民議会でアメリカ軍撤退決議がなされて、その対応如何でPMUか神の党旅団が駐留米軍を攻撃、という流れが1番現実的なシナリオです。
それに対してアメリカがどう対応するかで、イラン革命防衛隊が直接攻撃を行うかどうかが決まってくると思います。
このツイートでトランプ大統領は、「イランの重要な文化遺産を破壊する」と書いていて、党派を問わずイラン人の相当な反発を招いています。イランには22の世界遺産をはじめ、3千年以上の歴史を持つ文化遺産が数多くあります。
 「52」という数字は、1979年のイラン革命の際にテヘランの米国大使館が占拠され、米国の外交官ら52名が人質になったからですね。象徴的な数字で、それ以上の意味はありません。
 イランはこれから米国とその同盟国に対して、中東各地で攻撃に出るでしょうが、どこまでやるかは、米軍の反撃の規模を予想しながら決めることになります。
 イランの最高戦争指導機関である国家安全保障会議は、昨日以下のことを決議しています。
・反撃は(中東)地域全体で行う
・(スライマーニー司令官らの)殺害は、背教宣告主義者らに責任がある
 「背教宣告主義者」というのは、サウディアラビアのワッハーブ派のことをいいます(自分たち以外の教義は正統ではないとして、特にシーア派を攻撃してくるので)。
 イランの戦略目標は、まずイラクから、できれば中東全域から米軍を撤退させることでしょう。そのためには、ミサイルによる攻撃や、指揮下にある各国の武装組織に米軍を攻撃させるだけではなく、世論の煽動やサイバー工作など、あらゆる手段を駆使してきます。
 まず、本日緊急招集されるイラク議会で、イラク政府と米国の米軍駐留協定破棄を決議させる、というのが第一のステップになります。イランの軍事力が動きだすのはその後でしょう。
"... those targets, and Iran itself, WILL BE HIT VERY FAST AND VERY HARD."(Twitter原文より抜粋)

誰にでも分かるように書いているのでしょうが、内容は元より全て大文字で脅すなんて大統領のコメントとしてはあまりにも幼稚ではないでしょうか。小学生の喧嘩でもあるまいし。。
「憎しみは憎しみによっては止まず、ただ愛によってのみ止む。」(ブッダ)

憎しみの連鎖を起こすのがリーダーの仕事とは到底思えません。

日本の過去のシンガポールへの侵略戦争に対して「許そう、ただし忘れるべきではない」(We can forgive, but we should never forget.) と述べたリークワンユーのような姿勢がほんとうのリーダーシップだと思います。
イスラム過激派は、テロで報復する可能性が高いです。

米国の同盟国である日本で開催される東京五輪、大丈夫でしょうか?

去りしゴーンに力を注ぐより、テロ対策に力を注いだ方がいいような気がします。
今のイランを見ていると第二次世界大戦前の日本もこんな状況に追い込まれてたんだろうなと痛ましい気持ちになる… 証拠もないままイチャモンの連発で国家のプライドをズタズタに。結果、国民感情は爆発して、政治家が軍人を押さえられなくなり、国として勝ち目のない戦いに追い立てられいく。米国には大義がなさすぎる
トランプさんは、オバマさんが築き上げた世界の平和や秩序を尽く壊している。(今回は特に、オバマさん最大の功績2015年のイラン核合意からの米国の離脱から始まった。)
商才は認めるし、ビジネスの世界でやり合うのは大いに結構ですが、政治宗教という秩序や相互理解、ルールが不可欠な世界で人の命に関わる武器を使った戦争を、まるでゲーム感覚で仕掛けてしまった。秩序を統制する番人となる国家や組織が、世界に不在な今、事態は混沌混迷化する。第三次世界大戦の火種にならない事を祈るばかりだ。
イランとの対立が長引いて情勢の不確実性で原油価格の上昇はトランプが避けたいシナリオであろう。原料コスト上昇は企業収益への懸念で株式市場が下落しても、物価上昇局面で中央銀行の金融緩和は難しい。

イランを挑発して、「戦争」を招き、その大義で米軍の圧倒的な力で早期に叩きのめして、その「勝利」によって株式市場は切り返して高値を突破。そして、トランプは「ヒーロー」として大統領選挙を迎える。このようなシナリオを描いているのではないか。

自分の個人的な妄想に過ぎないが...いずれ、米国史上最悪な大統領だ。
昨年末の在イラク米大使館襲撃は、52人が人質になった79年の在テヘラン米大使館員人質事件を想起させるものでした。当時、弱腰対応でカーター大統領が再選できず。トランプ大統領としては当時の記憶は痛烈。
世界最強の軍事力を持つ国のリーダーが言う話ではありませんね。
アメリカをよくギャングに例えることがありますが、まさにギャングのやり方です。
相手を殺して、仕返しをして来たら更にやり返すと言っているわけですから。